現場体験レポート|ジェットブログ|暮らしの総合メンテナンス 株式会社ジェット

現場体験レポート


「現場の声」

2017.07.12

総合職社員の「現場の声」をご紹介します。
入社して3ヶ月が経った新入社員が、先輩社員と一緒に、
排水管清掃メンテナンスに伺った日のレポートです。

入社1年目 H・T

  本社での研修中に、
  「宅内での洗浄をするときは特に、
   周りのものを汚さないように、きれいな仕事をしなさい。」
  と教えられていました。
  バルブから水がたれないように先端は上を向ける、
  水が飛び散らないようにウエスを敷いておく、など
  手順を一つずつ思い出しながら意識して作業をしました。

  宅内での排水管の洗浄作業は、
  お客様が私たちの作業の様子をよく見ていることが多いです。
  それは非常に緊張するのですが、一つ一つ確認して、
  自分が行っている作業は正しいと思えてくると、
  少しですが、緊張がとけて安心できます。
  確認しながら仕事をするということを意識していきます。

  今日のお客様の現場では、特に台所の流れが悪く、
  高圧洗浄をかけると、濁った茶色の水が上がってきました。
  定期的に洗浄しないと大変なことになるな、と
  改めてメンテナンスの大切さがよくわかりました。

  作業後、流れが良くなったことにお客様は大変驚き、喜ばれていました。
  お客様と同じように、洗浄前と後のビフォーアフターに、
  私も心の中でとても驚いていました。
  何度も見ている光景ですが、
  洗浄前と後の差を目の当たりにするとすごいと思います。
  一つの現場ごとに感動があって、我社の仕事の良いところだと思いました。


R戸建全排水管洗浄2.jpg 



高校生のインターンシップ

2016.11.17

先日、本社近隣の高校の2名の生徒さんが3日間にわたり、
インターンシップ実習を行いました。
総合職の社員に丸1日同行し、実際の仕事を体験しました。

今回は、実習最終日に生徒さんが書いた感想レポートをご紹介します。

Oさん
本日は、前日と同じくEさん(当社社員)のお仕事の補助をさせていただきました。
水漏れの修繕、定期の排水管清掃を行いました。
水漏れの修繕ではあまり動ける場面はありませんでしたが、
排水管清掃では、高圧洗浄機のホースの持ち運びや
レバーの操作をすることができました。

Eさんとは、今日も好きな小説や映画などについて、
色々なお話ができ、移動中も楽しく過ごすことができました。

今日がインターンシップ最終日となりましたが、この3日間は、
始まる前思っていたよりも早く楽しく過ぎて行きました。

Eさんとお別れするときに「良い人生を」と言われたように、
今回のインターンシップの経験を活かして、しっかりと職を決め、
良い人生を送れるようにしたいと思います。

とてもよい経験をさせてくださった株式会社ジェットの皆様に感謝します。
ありがとうございました。


Mさん
最終日の実習をして、まず仕事をどうやるかより、
人としてどうあるべきか学ぶことができました。
自分一人ではできないことを、仲間の力を借りて
どうやって対応していくか、どっちの方法が最善かを判断し、
お客様の笑顔のためにチームワークを発揮している姿に感動し、
一番印象に残りました。

社員の方はイキイキと仕事をしていて、
「自分のやりたい仕事をしている」と言っていました。
私もやりたい仕事に就職できるように、
これからの進路選択に役立てていきたいと思います。

個人のお宅を訪問した際、社員の方が、
お客様にも業者さんにもとてもわかりやすく説明しており、
サービス業をするならコミュニケーションはもちろん、
いろいろな言葉も知っておかなくてはならないと思い、
責任を持って話さなければいけないと思いました。
値段交渉の際も、お客様のことを一番に考え、
わかりやすい例えなどを用いて説明していてすごいと思いました。

今回の実習をして、人と人との信頼関係によって
仕事というのができているのだと思いました。



高校生のインターンシップ

2016.11.17

先日、本社近隣の高校の2名の生徒さんが3日間にわたり、
インターンシップ実習を行いました。
総合職の社員に丸1日同行し、実際の仕事を体験しました。

そこで、1日の終わりに生徒さんが書いた感想レポートをご紹介します。
社会を肌で感じる初めての体験で、様々なことに気付かれたようです。
今回は、実習2日目のレポートをご紹介します。


 Oさん

 本日は、Eさんと排水管の清掃や水漏れの修繕などの現場へ行き、
 作業の補助をさせていただきました。
 Eさんににこにこと話しかけていただいたので、
 あまり緊張することなく、1日働くことができました。

 仕事の終わりのときに、お客様が笑顔になられているのを見て、
 とても満足した気持ちになれました。
 最終日もしっかりと補助などの仕事をできるようにしたいです。


 Mさん

 本日、2日目の実習を終え、
 お金をいただくありがたさや、お客様からの感謝のお言葉など、
 普段の高校生活では感じることができないことを学べた
 良いきっかけになりました。

 4件の仕事に同行させていただき、社員の方の心のこもったサービス、
 責任感、丁寧な作業にとても驚き感動しました。

 ほぼ毎日仕事をしている、父と母は、内容は異なりますが、
 大変なことをして私に食を与えてくれてここまで育ててもらったことに
 感謝をしなければならないと思いました。

 オフィスの中の紙に書いてある「世の中を良くする」という言葉は、
 昨日、今日と同行させていただいた4名の方のお仕事を拝見し、
 サービス精神とはこういうことだということを学ぶことができました。
 2日間で学んだことを活かして、最終日もしっかり行動していきたいと思います。


次回は、最終日のレポートをご紹介する予定です。
ぜひご覧ください。




定期メンテンナンス 【研修レポート】

2016.10.07


営業所から本社へ、研修で来ている社員のレポートをご紹介いたします。
気付きと学びに溢れた期間を過ごし、それを社内で共有して、さらなる人財育成となっています。


Sさん 入社10年目 総合職 男性

 定期メンテナンスの現場に入っていると、
 お客様からの信頼が絶大なことを実感します。
 
 笑顔で迎えてくださる方、今の状況をたくさん話してくださる方、
 何度も何度も手を抜かずにメンテンナスを続けてきたからこそなのだと思います。

 お客様にとっても私たちにとってもメンテナンスは有用です。
 お客様には安心・安全を、私たちは計画的な予定を組んで万全に施工が行えます。

 お客様の不備がある箇所をそのままにしておいたり、
 詳しい説明をせずに簡単な報告しかしないのは
 メンテナンスを施工しているプロとして、プライドがない仕事です。

 点検調査の我社の報告書は高品質で他社にはないものです。
 それを最大限に活かして、お客様の役に立つメンテナンスが出来るようにします。






研修レポート

2016.09.28

社員の研修レポートをご紹介します。
所属する営業所を離れて、別の営業所の拠点長のもとで、
約2週間にわたり、多くの学びや気付きにあふれた研修でした。

入社5年目 Y・Kさん 男性

ホテルの総支配人の方が依頼のお電話をくださいました。
きっかけはK拠点長が以前営業で伺ったことを思い出したことだそうです。

こちらから営業をしてきっかけを作ることを、私は今まで行っておらず、
それは会社に対する甘えであったとわかりました。

数字を一から作る上げること、一国一城の主として営業所を切り盛りする覚悟。
すべてにおいて私は幼稚で、今の環境に甘えて、感謝の心がありませんでした。

これからの私は、素直に教わったとおりに実践していきます。
目の前の欲ではなく、真心を尽くします。
その源にあるのは、感謝の心です。

これまでの行いは、社長の想いと逆であり、自分は愚かでした。
責任を持つこともせずに、自分本位の行動ばかり。
与えられる一方であり、待つことばかりでした。
そんな自分と決別することを誓います。

今ある環境は荒野を整備した上で存在するものであり、
多くの先輩方の苦労の結果です。

とても尊いものであって、けっして最初からあったものではありません。
基本から反れることなく、感謝の心を人のために役立てます。