社員が体験した感動エピソード|ジェットブログ|暮らしの総合メンテナンス 株式会社ジェット

社員が体験した感動エピソード


ファンになってくださったお客様

2016.12.05


当社では毎日、建物に関する様々な悩みや困りごとについて
ご依頼をいただいております。

1件のお電話をいただく度に、
その時、その場所でしかない一期一会の出逢いがあります。

苦労しながらもなんとか完成した現場、
お客様に本当に喜んでいただいた現場、
驚きと感動にあふれた現場、など
様々な経験をした社員たちが、
特に印象に残っているエピソードをご紹介してまいります。



 S・W (入社13年目)
  年に1回、定期的に排水管清掃のメンテナンスを行っているお客様のところに伺いました。
  そのお客様との我社の最初の出会いは、台所の排水管が詰まったことでした。
  
  当時、その詰まりを一生懸命に直してくれた社員が神様のように見えたそうです。
  初めて会った他人の家のことなのに、
  まるで自分の家のように気遣ってくれたことがとても嬉しかったそうです。

  それ以来、毎年メンテナンスで伺う社員の名刺やパンフレットを
  丁寧にファイリングしており、まるでアイドルグループのファンのようです。
  
  毎年伺うのが楽しみなお客様の一人です。


      5.jpg
       ↑台所の排水管清掃をしている様子     







一生懸命に作業をした2人

2016.12.02




 M・Tさん (入社5年目)
  後輩社員2人が貯水槽清掃を実施したマンションに、
  別の用事で、私が1人で伺った時のことです。
  マンションのオーナー様は、とても嬉しそうな顔で、
  先日の後輩社員2人の様子を話してくださいました。

  作業当日は台風が去った直後でとても蒸し暑い日でした。
  貯水槽清掃は飲み水に関わる清掃なので、清潔なつなぎや合羽を着ての作業です。

  貯水槽の中の汚れが長年気になっていたと言うオーナー様は
  「入社数ヶ月の新人の彼が、汗をかきながら一生懸命汚れと向き合って
  掃除をしてくれたんだ。彼はすごいよ。」と若い新入社員を褒めてくれました。

  一生懸命な彼の姿を見てとても嬉しかったそうです。
  暑いなか弱音も吐かず、最後までやり遂げ、
  笑顔で作業を終えた2人に感動されていました。

  私は自分のことを褒められるより嬉しくて、会社に戻って2人に報告しました。
  2人は照れくさそうな顔をしていましたが、その笑顔はとても輝いて見えました。


288.jpg     111.jpg 





  • 1