ホットライン社長|ジェットブログ|暮らしの総合メンテナンス 株式会社ジェット

ホットライン社長


人財育成の巻 その2

2014.05.23

 
当社には「ホットライン社長」という、
社員から社長へ直接メールを送ることができる仕組みがあります。

その日気付いたことや学んだこと、悲しかったこと、嬉しかったこと、
そして社長に直接伝えたいことなど、実に様々です。

今回ご紹介するメールは、幹部候補生育成のための研修を受けた社員から届いた「ホットライン社長」メールです。


 総合職 入社9年目 男性社員
 
   今回の研修で、自分がどれだけ勉強不足であったかということ、
   わかることとできることは全くの別物なのだということが、身に染みてわかりました。

   悔しい気持ちです。

   ですが、それが今回の研修での収穫でもありました。

   わからないまま終わらせてしまうのではなく、納得いくまで追求して、
   今回の研修で何度も見せていただいた、お客様に心を届けることを素直に実践します。


総合職 入社6年目 女性社員
 
   この研修を通して、何をしなければならないのか明確になりました。

   仕事をすることはこんなにも楽しいのかということ、
   そして今まで仕事をつまらなく、こなすだけの仕事にしてしまっていたのは
   私自身だと気付くことができました。

   自信を持ってお客様に接することができなかったのは、
   お客様との距離を縮める努力、そして知識の勉強、報連相の少なさが原因だと分かりました。

   お客様と絆があることが自信につながり、
   そしてお客様のために仕事が出来るとさらに自信になると分かりました。

   あとは、今回学んだことを実践していきます!


人材育成の巻 その1

2014.05.21


当社には「ホットライン社長」という、
社員から社長へ直接メールを送ることができる仕組みがあります。

内容はというと、その日気付いたことや学んだこと、悲しかったこと、嬉しかったこと、
そして社長に直接伝えたいことなど、実に様々です。

今回ご紹介するメールは、幹部候補生育成のための研修を受けた社員から届いた「ホットライン社長」メールです。

総合職 入社8年目 男性社員

   今回の研修でも多くの気付きがありました。
   私の決定的な違いは確固たる自信があるかないか、これに尽きます。

   講師陣のパネルディスカッションを見ることでどういったベクトルに向かっているのか、
   そのためにどのような戦略や戦術を練っていくのかを直に見ることができました。

   私自身、本社を離れて3年以上たちますが、距離を感じていました。
   私が置いて行かれている、そう感じました。
   そんな自分が情けなく、成長できない、人を育てられない原因は私自身にあるのだと痛感しました。

   今回の研修はとても楽しく、実践的で明日からすぐに活かせるものばかりでした。
   自信を持って、メンバーを背中で引っ張る存在になります。

   変化の著しい社会、そしてそれよりも激しく変化し続ける我社においても、
   その進化の一翼を担う人間になります。




ホットライン社長 「本を読んで」

2014.01.15

当社には「ホットライン社長」という、
社員から社長へ直接メールを送ることができる仕組みがあります。

内容はというと、その日気付いたことや学んだこと、
悩みや不安に抱えていること、社長に直接伝えたいことなど、実に様々です。

今回は、入社2年目H・Oが送信した「ホットライン社長」メールをご紹介します。

  「人間の魅力」(田辺昇一著)をじっくり読みました。
  初版が40年以上前の本にも関わらず、現在にも通じる話が本当に多かったです。
  本を読んで、私はまだ、仕事が楽しいという域だったと思いました。
  明確な目標・目的、それも変わるものと変わらないものを兼ね備え、
  考えるよりももっと体を動かし行動していきます。
  今はがむしゃらに、とにかくやってみることが重要だとわかりました。
  そしてもっと自分を知り、強みを知り、自分を好きになり、自信を持ちます。
  自分のやるべきことを自覚し、受け身ではなく、能動的に攻めの仕事をしていきます。
  継続し、経験を積み、仕事の本当の面白さを知り、後輩に伝えていきます。
  そのために、多くの人との出会いを大切にし、
  まずは真似ることから始め、自分のものとしていきます。
  そして、体を使う仕事からもっと頭を使う仕事へと変化していきます。
  一冊の本から学ぶことが本当に多かったです。
  学ぶ方法は、「見る、聞く、読む」以外にはない、という話もありました。
  今年は読書に力を入れ、本の中から多く学んでいきます。

ホットライン社長 「新年を迎えて」

2014.01.08


当社には「ホットライン社長」という、
社員から社長へ直接メールを送ることができる仕組みがあります。

内容はというと、現在の仕事の進捗状況の報告もあれば、その日気付いたことや学んだこと、
そして社長に直接伝えたいことなど、実に様々です。

今回は、入社8年目T・Sが年明けに送信した「ホットライン社長」メールをご紹介します。


  
  明けましておめでとうございます。

  昨年は会社も、営業所も、社会も、大きな変化がたくさんあったと思いだされます。

  新しい出会いも、別れもありました。

  その全てがたくさんの気付きを与えてくれ、自分を育ててくれたと思います。

  仲間に支えられお客様に応援して頂き

  会社に守られていることを強く実感した一年間でした。

  今年はもっと自由に、堂々と、教わってきたことをお客様に届け

  仲間に伝えていく一年とします。

  心を鍛え、新たな変化を作っていきます。







ホットライン社長 「研修を終えて」

2013.10.22


当社には「ホットライン社長」という、
社員から社長へ直接メールを送ることができる仕組みがあります。

内容はというと、現在の仕事の進捗状況の報告もあれば、その日気付いたことや学んだこと、
そして社長に直接伝えたいことなど、実に様々です。

今回は、入社3年目H・Hの「ホットライン社長」メールをご紹介します。

お疲れ様です。Hです。

4日間という短い期間の研修でしたが、私にとってはとても内容が濃く、気付きが多い4日間でした。

リノフロア研修でさらに自分の武器が増えて自信が高まりました。
ただ身につけるだけでなく、お客様に提案できるようにさらに知識と技術を高めます。

また、後輩たちと話をし、成長している様子でとても嬉しかったです。
さらに負けたくないという気持ちが強くなりました。

今は自分の目標、全館で1番になるために一つ一つの現場を大事にし活躍します。