パイプの詰まり(詰まり修理)|よくある質問Q&A|暮らしの総合メンテナンス 株式会社ジェット

よくある質問Q&A

パイプの詰まり(詰まり修理)

パイプの詰まり(詰まり修理)


Q:市販の薬剤を流していれば安心?

A:

パイプ用薬品はおすすめしません。なぜならパイプ用薬品はすぐに流れてしまいますし、腐った生ごみ、油などと反応して固形化することもあるからです。パイプ内の清掃は、高圧洗浄で行うのがベストです。

▲ページトップへ

Q:築20年で今まで一度も詰まっていないのに何故突然詰まるの?

A:

20年分の汚れがパイプ内に蓄積するということは、相当頑固な汚れが蓄積している場合が多いことから、頑固な固まりは高圧洗浄では取りきれなくなってしまう場合があります。閉塞しつつあるにもかかわらず、少しずつでも流れているうちは...と、我慢して使ってきたため、突然詰まってしまった時に手におえない状態にまで進行していても少しでも流れていれば修理は直せる可能性が高いのですが、完全に詰まってしまうと配管の入れ替え等の処置が必要な場合があります。地盤沈下等で徐々に勾配が悪くなったりすることにより、詰まりやすくなります。

▲ページトップへ

Q:勾配が悪く、詰まりやすいと言われたが、パイプを入れ替えると大工事になり、予算がないのですが良い方法はありますか?

A:

その場合には、定期的な高圧洗浄をお勧めします。
それでも万能ではありませんが、またトラブルを発生する場合は入れ替えをお勧めします。
その際はクレジットの対応もできます。

▲ページトップへ

Q:排水と汚水の違いはなんですか?

A:

排水とは流し、浴室、洗濯、洗面などで流した水のことです。排水管内は油や毛髪、水ノロなどで汚れます。汚水とはトイレなどで流した水のことです。汚水管内は汚物やトイレットペーパーで詰まることがあります。

▲ページトップへ

Q:流すと、ごぼごぼ音がするのは、おかしいですか?

A:

ごぼごぼ音がするのは詰まりの前兆です。汚水管の詰まりはトイレットペーパーでない紙を流してしまったり、ペット用の砂を流してしまったりすることで起こります。排水管の詰まりは料理の油、毛髪・糸くず・綿ゴミなどが原因です。どちらにしても、水が溢れて周りの物を汚してしまう前に、すぐご連絡下さい。

▲ページトップへ

Q:油は、流さないほうが良いですか?

A:

極力流さないほうが良いです。油と食器用洗剤・水が混ざり合って排水管の中で固まってしまうからです。しかし全く油を流さないことは不可能なので、年1回以上は全排水・汚水管を清掃すると詰まりの心配がなくなって安心です。

▲ページトップへ

Q:排水口に、モノを落としたら取れますか?

A:

落としてしまったものにもよりますが、状況を見て最善の方法を考えます。方法は高圧水で流す、ワイヤーを通すなどありますが、必要によっては排水管を切断することもあるかもしれません。排水口にはきちんと蓋をして物を落とさないようにしましょう。

▲ページトップへ