ウイルス・感染症対策|よくある質問Q&A|暮らしの総合メンテナンス 株式会社ジェット

よくある質問Q&A

ウイルス・感染症対策

ウイルス・感染症対策


Q:薬剤は安全ですか?

A:

水道水の消毒にも使われており、安全です。

▲ページトップへ

Q:自分でも出来る方法はありますか?

A:

うがい、手洗いを励行することです。それでも不安な場合には除菌マンを加湿器に入れて稼働させることで、ウイルスの空気感染を防ぎます。

▲ページトップへ

Q:薬剤に臭いはありますか?

A:

無色・無臭の液体ですので、施工後に臭いが残ることはありません。

▲ページトップへ

Q:その他にはどんな効果がありますか?

A:

除菌、消毒することで、臭いの原因も取り去りますので、消臭効果があります。また、カビなどの発生予防にもなります。

▲ページトップへ

Q:アルコール類の消毒との違いは?

A:

アルコール類は大腸菌類の除菌には効果がありますが、O-157、ノロウィルスといったウィルスの除菌、消毒には効果はありません。

▲ページトップへ

Q:ペット・昆虫類へ影響は?

A:

ありません。低濃度で施工するので、安全です。

▲ページトップへ

Q:食中毒対策できますか?

A:

できます。除菌マンはアルコールの50万倍、塩素の2.6倍、オゾンの1,000倍の除菌力を有します。

▲ページトップへ

Q:薬品は、人体やペットに影響ありますか?

A:

ありません。低濃度で施工するので安心です。

▲ページトップへ

Q:薬剤は、購入可能ですか?

A:

除菌マンスプレータイプ ¥3,000円(1本500mℓ)
除菌マンゲルタイプ ¥3,500円(1個500g)
除菌マン加湿器用 ¥10,000円(300mℓボトル4本セット)
で販売しております。20ℓタンクでの大量注文も承ります。ご相談下さい。

▲ページトップへ

Q:カビの生える家と生えない家の違いはなんですか?

A:

主に湿気と通気性です。カビは25℃~30℃の温度で、湿度80%以上のジメジメした汚いところでよく育ちます。水まわりや、結露の発生する窓まわりに生えることが多いです。24時間換気を行い、冬は暖房をつけすぎないことが必要です。根本的解決のためには、断熱リフォーム工事をおすすめします。

▲ページトップへ