白アリ駆除|よくある質問Q&A|暮らしの総合メンテナンス 株式会社ジェット

よくある質問Q&A

白アリ駆除

白アリ駆除


Q:薬品は人体に毒ではないの?臭いはあるの?どんな薬品?

A:

臭気、刺激性がほとんどありません。
厚生労働省室内濃度指針値対象の13化学物質を、一切使用していません。
木材腐朽菌、カビに対し高い効力を発揮します。
白アリに対し、持続的な効果を発揮します。
有効性分の蒸気圧が極めて低く揮散しにくいため、居住者に対する安全性が高いです。

▲ページトップへ

Q:効果はどのくらい持つの?

A:

床下など雨の当たらない部分でしたら5年間持続します。

▲ページトップへ

Q:どうやって巣を見つけるの?木を切らないといけないの?

A:

床下に入って床下の木部を点検します。食害のひどい所や蟻道と呼ばれるシロアリの通り道を探します。点検時は木を切ることはありませんが、食害がひどい場合には、木部を交換する必要があります。事前見積にて御提案致します。

▲ページトップへ

Q:羽アリが出てきました。これは白アリではないのですか?シロアリと黒アリの見分け方は?

A:

シロアリは4月から7月に大量発生します。100匹以上出ることが多いです。シロアリの成虫は、羽が4枚同じ大きさです。黒アリの羽アリは前後で羽の大きさが異なります。

▲ページトップへ

Q:シロアリが来ないようにするにはどうすればいいの?

A:

シロアリ防除は床下に薬品を散布する方法が一般的です。シロアリがいない所に散布すれば5年間の予防効果があります。
現在は新築時に施工することが多いのですが、被害にあってからでは、大変ですので、継続して施工することをお勧めいたします。

▲ページトップへ

Q:1回で駆除できるの?何度もやらないと駆除できないの?

A:

基本的には1回で駆除可能です。タイル風呂下など床下に入れない場合や、床下への入り口が無い場合は床下点検口を設置するなどの必要があるため、何日かに渡っての工事になることもあります。

▲ページトップへ

Q:白アリと腐朽菌の被害は、違いますか?

A:

違います。白アリは年輪にそって木材の柔らかい部分を食べますが、腐朽菌は木 材を全体的に腐らせます。

▲ページトップへ

Q:白アリと黒アリは、違いますか?

A:

違います。白アリは木材を食い荒らし、家を腐らせますが、黒アリは木を食べません。黒アリは大量発生すると見た目にも不快ですし、時には人を刺したり噛んだりすることもあります。一方白アリは直接的には人間に被害を与えません。

▲ページトップへ

Q:白アリは、一年中いますか?

A:

年中います。冬眠はしませんが、寒いところだと動きが鈍くなります。床下を暖かくしていると冬も活動しやすくなるので注意しましょう。一番活動しやすい時期は4~6月と言われています。

▲ページトップへ

Q:白アリの発生原因は、何ですか?

A:

浴室のタイル目地やひび割れからの水漏れ、床下を通る配管からの漏水、また、屋根や外壁からの雨漏れなど多種の原因があります。
専門の白アリ業者さんに見てもらうのが一番です。

▲ページトップへ

Q:アレルギー体質ですが、大丈夫?

A:

大丈夫です。アレルギー体質の方にもやさしい薬剤です。

▲ページトップへ

Q:白アリ駆除には資格は必要ですか?

A:

必要です。
日本しろあり対策協会の防除施工士資格です。認定薬剤や標準仕様に基づいた駆除が必要です。

▲ページトップへ

Q:隣の家で白アリ駆除をしましたが、私の家は大丈夫ですか?

A:

絶対安全ということはありません。予防のための白アリ駆除をお勧めします。

▲ページトップへ