FRP防水|よくある質問Q&A|暮らしの総合メンテナンス 株式会社ジェット

よくある質問Q&A

FRP防水

FRP防水


費用が高そう?

FRP防水工事は、長期的に考えるとコストダウンになります。
それは、トップコートの塗り替えだけで長期間の防水機能を維持することができるからです。
他のウレタン防水やシート防水の場合は、数年ごとに大規模な工事が必要になる場合もあります。
環境や施工した業者にもよりますが、よくても10年ぐらいで再工事が必要となるのが現状です。

現在、ヒビやクラックが入っていますが、FRPで修復できますか?

FRP防水の場合は、部分的に施工することも可能です。
一度下見させて頂ければ、全面改修が必要か、部分改修で済むのか判断できます。

木造でも大丈夫ですか?

FRPは軽くて丈夫という特性もあり、コンパネ下地からでも施工ができますので、木造にもあった方法です。

FRPのように頑丈で高い追従性がほしいのですが。

当社の場合は可能です。トップコートに当社のスプリマー塗装を使用することにより、さらなる耐久性の向上と追従性の向上がかなり期待できます。

タンクのひびを直せますか?

直せます。地震によるひび、老朽化によるひび、目地からの水漏れなどどんな補修も可能です。

保証は、何年ですか?

10年です。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事

お問い合わせ・お見積もりはこちら