コウモリ駆除|株式会社ジェット|福島,郡山,仙台,広島,東京,江戸川区,中野区,新宿区,新橋,埼玉,浦和,大宮,横浜

ゴキブリ・ネズミ害虫駆除

コウモリ駆除

生態

 人間の生活圏に生息するのは、アブラコウモリいう種類です。体長は5cm前後、体重10gと小型で、外壁や瓦の微細な隙間(2cm)からでも宅内または天井裏、壁内に侵入してきます。活動は夜行性でユスリカや蛾等の昆虫を捕食し、7月頃に2~3匹の子供を出産します。
 コウモリが生息しているか居ないかは、外壁がコウモリの糞尿で汚れているか、出入り口と思われる隙間の下にコウモリの糞が大量に落ちているかで判断します。理由は、コウモリは飛び立つときに体重を軽くするために糞尿をして飛び立つからです。間違いやすいのは、ネズミの糞と類似しているので、外壁の汚れや落ちている上部に侵入するための隙間があるかで判断します。


ジェットのコウモリ駆除の手順

①コウモリの出入りしている隙間と生息数を調査する。

②生息している場所を特定する。

③コウモリが出入りしている隙間の天井内に入る。

④コウモリの生息場所に撃退ガスを噴霧して、コウモリを追い出しを掛ける。

⑤コウモリは、伝染病やダニを持っているので、生息場所と糞尿を清掃する。

⑥生息場所の清掃後は、消毒・消臭を除菌マン(200ppm)にて行う。

⑦清掃・消毒が終了したら、最後に出入り口に忌避剤を噴霧して、寄せ付けないようにする。

⑧コウモリの出入り口を閉塞して、二度と出入りできないようにする。


DSC00243.jpg


 生息場所は糞尿で汚れ、悪臭やノミ、ダニが発生し、病原菌の温床となっています。また、乾燥した糞が粉となって空気中に舞うことでアレルギー症などの原因になります。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら