ハクビシン駆除|株式会社ジェット|福島,郡山,仙台,広島,東京,江戸川区,中野区,新宿区,新橋,埼玉,浦和,大宮,横浜

ゴキブリ・ネズミ害虫駆除

ハクビシン駆除

捕獲する場合には、都道府県で個別の条例があるので保健所または市の環境衛生課に確認が必要になります。


生態

 ハクビシンは、外壁を登り瓦の隙間(10cm位)や床下からでも、天井裏に侵入してきます。ハクビシンが生息しているか居ないかは、天井裏を夜中に歩き回る時の音が、ネコが飛び跳ねているかのような大きな激しい音を立てるので、ネズミと区別することが出来ます。また、糞・尿は同じ場所にまとめて行うので、天井に染みが出来ている事が多く、糞・尿の臭いもする等の症状が現れるので判断出来ます。
 ハクビシンは野生動物であり、雄雌のつがいで生息していることが多く、危険を感じるととても凶暴になります。5月から7月は子育ての時期であり、凶暴性も増しているので十分な注意が必要です。また、活動は夜間に行う夜行性であるのも特徴的です。


ジェットのハクビシン駆除の手順

①ハクビシンが活動している天井内に入る。入る場所は、室内の押入れの天板になります。

②日中は壁の間や断熱材の間に潜り込んでいることが多いです。

③ハクビシンを発見したら襲ってくる事に十分注意して撃退ガスを噴射して追い出しを掛ける。

④ハクビシンは、伝染病やダニを持っているので、糞・尿の場所を清掃する。

⑤糞・尿の清掃後は、消毒・消臭を除菌マン(200ppm)で行う。

⑥清掃・消毒が終了したら、ハクビシンの侵入口は大きく開いているので、再侵入を防ぐために、大工工事などで閉塞作業を行う。


Q&A

Q:一回で、駆除できますか?

A:

1回ではできません。我社の工法は①天井裏調査②忌避剤による追い出し③清掃・消毒④超音波装置設置⑤生物が認められなくなったら穴塞ぎという工法です。コウモリ・ハクビシンも哺乳類ですので殺すことは禁じられています。時間はかかりますが完全に駆除することが可能です。

Q:糞の消毒清掃もできますか?

A:

できます。どちらの生物も伝染病やダニを持っているので入念に清掃・消臭・消毒を行います。

Q:伝染病を持っているって本当?

A:

本当です。例としてハンタウイルス感染症、アルボウイルス感染、ヒストプラズマ症、狂犬病等があります。

Q:捕獲できますか?

A:

できますが行政への申請が必要です。鳥獣保護許可証とう書類を都道府県自然保護課へ提出しなければなりません。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら