給水・給湯管改修工事|株式会社ジェット

建物設備のリニューアル

給水・給湯管改修工事

概要

 給水・給湯設備配管の機能として、常に適切な水質必要な水圧の状態を維持して必要量を供給できることを要求されています。しかし、15年以上前に建てられた建物では亜鉛メッキ配管が使用されており、腐食による赤水の発生やサビ瘤による水圧、水量の低下をきたし、上水管としての機能を阻害しています。管内の腐食や劣化が軽度であったり、給水給湯の蛇口からの赤水が軽度の場合は応急処置として管内の洗浄や防錆処置を施します。配管内の腐食が重度になり、常時赤水が出たり錆の微粒子が出る、水量水圧が低下した場合には配管の布設替が必要になります。現在は配管の材質も向上し、硬質塩化ビニル管や硬質塩化ビニルライニング管が普及し、管継手類もこれに対応した硬質塩化ビニルライニング継手が出ており、管の腐食を防止できる物になっています。

                           
             
【改修工事】
             
【改修工事】
担当:菅野雅彦

極々浄水(直結式ミネラルウォーター)はこちらへ


Q&A

Q:架橋ポリエチレン管って何?

A:

架橋ポリエチレン管とは、半永久的に劣化しないプラスッチク素材の給水・給湯管です。鉄と違って錆びないため赤水・錆水が出にくいです。
従来の配管に比べて工事がしやすく、短時間に低コストで工事が可能です。

Q:漏れている部分だけ直せますか?

A:

一部改修も可能です。ただし、配管は同じように劣化していますのでまた漏れることも考えられます。安心して今後お使い頂くためには全改修をお勧め致します。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら