貯水槽の清掃|株式会社ジェット

建物設備のメンテナンス

貯水槽清掃

概要

 

 貯水槽とは、高いビルや大きな建物などで水をたくさん使う場所に、前もって水を溜めておくために設置されている水槽のことです。多量の水を使用する施設や、建物の階層が多い場合に水道施設からの直圧で水量・水圧が不足し、それを回避するために設置したり、病院等災害時に給水の確保が必要な施設で設置したりします。

 

この貯水槽に、普段生活している中で使用している水を溜めています。槽の清掃は1年以内に1回行い、槽の大きさにもよりますが、水道法施工規則第23条により毎年清掃を義務付けられています。

 

 

  貯水槽の管理・清掃を一切やらなければ、槽内に細菌が発生したり、貯水槽内に錆びが蓄積したり、赤水が

  出たり、水垢が蓄積したりと、人体に害を及ぼしてしまう事態にもなりかねます。また、貯水槽の清掃と同

  時に、給水設備(ポンプや給水管等)の点検を行います。この点検を行う事で、ポンプの異常など早期に発

  見する事が出来ます。急な断水や漏水事故等を防ぐための対策をとる事が出来ます。

 

  清掃は専門業者で行います。貯水槽清掃作業監督者のもとでの作業になります。貯水槽の管理の中に貯水槽

  内の清掃消毒がありますが、飲み水を入れておく水槽ですから、無資格者が槽内に入って設備を壊してしま

  ったり、臨床検査を行っていない作業員が槽内に入り伝染病など病気の細菌を持ち込んでしまっては、大変

  なことになります。

 

  そのためジェットは、建築物飲料水貯水槽清掃業の登録をし、貯水槽清掃作業監督者のもとで、臨床検査を

  行った作業員によって清掃を行っています。

 

  貯水槽清掃は、建築物飲料水貯水槽清掃業許可と貯水槽清掃作業監督者がいるジェットへ御相談ください。

 

貯水槽清掃中
貯水槽消毒中
貯水槽復元塗装
     

こんなに割れた貯水槽も

こんなふうにもとどおり

詳しくはこちらをクリック

貯水槽修理前
 
貯水槽修理後


担当:関根裕樹

こんな症状・被害はありませんか?・こんな被害になることも

  • 槽内が水垢、錆びにて汚れ、槽内に細菌類が発生し、集団感染の恐れがある。
  • 水道水が赤っぽい水になる。
  • 水道水が臭ってくる。
  • 槽内に細菌が繁殖、藻の発生。
  • 貯水槽周辺の設備の異常の発見が遅れる。
  • 貯水槽の通気弁などの防虫網が破れ、昆虫や虫などの侵入がある。
  • 年1回の清掃を怠る事で、水道法違反となり、罰則・罰金が科せられる。
  • 断水・漏水等の急なトラブル。全戸断水になる事で、多大な被害に発展する事も。

ジェットならここまでできます!

建築物飲料水貯水槽清掃業登録や、貯水槽清掃作業監督者がいる専門業者で安心です。
メンテナンス管理の徹底。メンテナンス契約を結ぶ事で、面倒なお知らせ文配布などこちらで対応致します。
カルテによる管理の徹底。受水槽位置、ポンプ位置、警備会社など清掃をする上で必要な情報を管理致しますので、面倒な打合せを省く事が出来ます。
対応するメンバーが異なっても、同じ品質を提供します(前回と内容が異なる、言っている事が異なるという事がありません)。
その他の特徴はこちら。

商品・サービスのデメリット

貯水槽内に水が残った状態では、清掃もできず、消毒しても効果がない為、現在溜まっている水は排水しないといけない為、大量の飲料水でもったいないですが無駄になってしまいます。
藻が発生している貯水槽を清掃しても、またすぐに同じ現象が起きます。それは、外面の塗装の老朽化やひび割れ等によって、日光が貯水槽内に入り水質汚染が原因で藻が生えているからです。清掃してもすぐ水質汚染が始まります。その場合は、新しい貯水槽に入れ替えるか、当社の防水塗装「ハイブリットポリマー スプリマー」(詳細はクリック)での復元をお勧め致します。
清掃をすると錆び等が流れ、蛇口の水の出が悪くなったりなど給水管で詰まりが発生する場合があります。すぐにご連絡下さい。

Q&A

Q:貯水槽清掃時は断水になるのか

A:

貯水槽の形状によります。
一般的に2槽式では断水にはならずに清掃できます。
断水になる際は、事前打合せ、お知らせ文の配布等を行います。

Q:水質検査とは何ですか?

A:

清掃直後の簡易水質検査と専門機関による水質検査があります。
簡易検査は簡易5項目であり、味、臭い、色度、濁度、残留塩素濃度測定になります。
専門機関の検査は更に詳しくなります。

Q:10年未満でも清掃は必要ですか?

A:

10t以上は水道法で、年1回以上の清掃等が義務付けられていますが、10t未満は義務付けられていません。しかし、飲み水として使用している限りは大きさにかかわらず清掃が必要です。

Q:断水の時間はどのくらいですか?

A:

およそ2時間以内です。

Q:飲み水のタンクは、清掃しないとどうなる?

A:

飲み水に細菌が発生したり、サビが混入していたり、赤水が出たりと人体に悪影響を及ぼします。そんな水を居住者の皆様に提供しているとなると責任問題にもなります。年1回以上は必ず貯水槽を清掃しなければなりません。

Q:貯水槽は、何のためにあるのですか?

A:

ビルやマンションなどの高層の建物は、水栓での水圧を安定させるため、水道水を受水槽に受け、
1.ポンプなどで屋上の高架水槽(高置水槽)や圧力水槽へ貯めた後、水栓への給水を行う。
2.小型圧力タンク式給水ユニットにより、貯水槽に給水した水に直接圧力をかけ、水栓への給水を行うためにあります。
日常生活のため水を供給することのほかに、震災等非常事態においても貴重な水源、消火のためにもたいへん重要です。

Q:水質検査もできますか?

A:

できます。清掃直後に残留塩素濃度、色素、濁度、PH濃度などを測定しますので安心して、飲むことができます。
また、10項目の法定検査項目については、後日報告書に記載して提出致します。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら