建物の空気環境測定|株式会社ジェット

建物設備のメンテナンス

空気環境測定

空気環境測定

10.jpg

 

 特定建築物(集会場、図書館、遊技場、事務所、研修所、学校、旅館、ホテル等の面積3,000㎡以上の建築物)は室内の空気環境が基準に適合しているかどうか、2ヶ月に1回やらなければいけないのが、空気環境測定です。


特定建築物に該当しなくても空気環境測定をやらなければいけない建築物も一部あります。

 

浮遊粉じん、一酸化炭素、炭酸ガス、温度、湿度、気流を測定し、記録表は5年間保存することが義務付けられています。


 空気環境測定だけでなく、ダクト清掃(ダクトストリーム)も当社にお任せ下さい。

 マンションの排気ダクトだけでなく大型集塵機で工場のダクトも清掃します。

 ビート(ダクト清掃はクリック)

 

機械室測定中
厨房内測定中
厨房内測定中

 


担当:関根裕樹

 


Q&A

Q:測定は、義務ですか?

A:

特定建築物では2ヵ月に1回測定しなければならないとされています。特定建築物に該当しなくても空気環境測定をやらなければいけない建物も一部あります。

Q:空気環境改善は、できますか?

A:

できます。浮遊粉じん、CO、炭酸ガス、温度、湿度等のデータ数値をもとに、改善策をご提案致します。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら