煙突清掃について|株式会社ジェット

建物設備のメンテナンス

煙突清掃

概要

 薪ストーブ・暖炉・ダルマストーブ・ボイラー等には必ず煙突がついております。燃料が燃えて出る煙を屋外に出すための設備で大切な部分ですが、煙突内部は目に見えないためメンテナンス清掃を忘れてしまいます。

 以前は掃除の際に発生したススはそのまま処分しても問題にはなりませんでしたが、近年はダイオキシンの問題が発生し、ススの処理や飛散防止に手間がかかるため、特殊な集塵機が必要となりました。

 万が一煙突内部を清掃しないままでいると、内部にススや油・ヤニ等が蓄積することにより詰まります。屋外に出られなくなった煙は室内に溜まり、一酸化炭素中毒やスス・油・ヤニに火が移り火災になる場合も考えられます。本来なら使用する前の清掃をお勧め致します。最低でも2年に1回の定期清掃を実施して下さい。

 

<料  金>
 

 ■1ヶ月当り ¥7,000~(24回分割の場合)
  ※足場や仮設、煙突の長さにて変動致します

 

前 横.jpg   暖炉 前.jpg   使用機材.jpg 
 

     煙突 清掃前           暖炉 清掃前            使用機材

中.jpg   暖炉 中.jpg   使用車両①.jpg 
 

     煙突 清掃中           暖炉 清掃中            使用車輌

後 横.jpg   暖炉 後.jpg   使用車両②.jpg 
 

     煙突 清掃後           暖炉 清掃後            使用車輌

 


Q&A

Q:清掃しないと、どうなりますか?

A:

煙突内部にすすや油、ヤニが蓄積し、詰まってしまいます。外に出られなくなった煙は室内に溜まり、一酸化炭素中毒や火災になる恐れがあります。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら