レジオネラ症の感染対策|株式会社ジェット|除菌,感染症対策

除菌・消臭

概要

1.レジオネラ属菌とレジオネラ症

レジオネラ属菌は土壌、河川、湖沼などの自然環境に生息しており、入浴施設、循環式浴槽水、クーリングタワーだけでなく、水景施設、給水給湯設備、加湿器などもその対象となり、環境範囲は20~50℃ですが36℃前後が最もよく繁殖し、ヌメリやスライムなどのバイオフィルム(細菌が集まって塊、ヌルヌルした膜状態)の内部で生息しています。
レジオネラ症とはレジオネラ属菌に汚染された水のエアロゾル(目に見えない細かい水蒸気)などを肺内に吸い込むことによって起こる感染症でレジオネラ肺炎を引き起こします。レジオネラ肺炎は2~10日の潜伏期間を経て発病し、悪寒、倦怠感、頭痛、筋肉痛などが起こり、病勢の進行が早いので重症になると胸痛、呼吸困難、意識障害などを伴い死亡する事がある怖い感染症です。そして、レジオネラ症は四類感染症に指定されているため保健所への届け出が義務付けられています。

2.レジオネラ菌の対策

厚生労働省からは「レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針」により、レジオネラ症感染防止対策が示されています。この指針の中では衛生上の措置として、①浴槽設備内での微生物の繁殖およびバイオフィルムなどの生成の抑制②設備内に定着するバイオフィルムの除去エアロゾルの飛沫の抑制の3項目の構造上および維持管理上の対策について出されました。
入浴施設などでは塩素消毒等で浴槽水を清浄に保つことは必要ですが、それだけでは十分なレジオネラ症の防止対策にはなりません。入浴施設では常に入浴者の体表から有機物が供給され微生物の栄養源となりバイオフィルムが増殖し、壁面から剥がれ落ちたバイオフィルムは大量のレジオネラ属菌や大腸菌類が水中に放出されるので、その前に日常的にバイオフィルムの定着を抑制し頻繁にバイオフィルムを除去することが重要になります。その理由は、レジオネラ属菌はバイオフィルムの中に寄生しているので、通常の塩素消毒では、バイオフィルムの細胞膜の分解は不可能で、バイオフィルムの中に寄生するレジオネラ属菌は死滅しないからです。

3.感染源施設の洗浄と殺菌

洗浄とは配管内、濾過器内部、浴槽などの設備に付着したバイオフィルムおよびスケールなどを分解除去することで、殺菌とは水中に存在する微生物や細菌を死滅させる消毒のことです。

 

3-1.洗浄方法について

洗浄にはケミカル洗浄と高圧水洗浄があります。高圧水洗浄では配管の経路や継手類、機器などにより隅々まで高圧水がとどかないため、配管内に付着したバイオフィルムを除去出来ない箇所が発生するため現在はケミカル洗浄が主流になっています。洗浄は過酸化水素水や高濃度の二酸化塩素を使い、定期的に1年に1回以上行うことをお勧めします。

 

3-2.殺菌方法について

塩素系の次亜塩素酸ナトリウムや二酸化塩素を使用するのが主流です。水中の細菌類への消毒効果は同じですが、二酸化塩素の殺菌力は塩素の2.6倍あるため微生物やバイオフィルムの細胞膜の破壊力に優れており、配管内へのバイオフィルムの付着を防止します。

 

3-3.一般家庭でのレジオネラ対策

24時間風呂や追い焚き機能を繰り返していると、浴槽の壁がヌルヌルして来ます。このヌルヌルがバイオフィルムです。レジオネラ属菌や大腸菌類などの病原菌の巣となり感染症の原因となります。追い焚き釜内の洗浄剤での洗浄や換水、浴槽の清掃を細目に行います。釜内の洗浄には、除菌マン洗浄剤「お風呂用」が効果的です。

 

「レジオネラ除菌マン」タブレット

温浴施設の循環配管洗浄に、クーリングタワーの循環配管洗浄に、バイオフィルムを除去し、レジオネラ属菌を除菌する新しい除菌洗浄剤が出ました。
「レジオネラ除菌マン」タブレットは、水中で二酸化塩素を発生させる除菌消臭剤です。
通常使われている消毒剤の次亜塩素酸ナトリウムより優れている点は、
①強力な除菌性と浸透性で、バイオフィルムの細胞膜を分解します。
②バイオフィルムの中に寄生するレジオネラ属菌まで達し除菌します。
③処理水中の細菌に即効的に作用し除菌します。
④人体に有害な発がん性トリハロメタンが発生しません。
広いpH範囲で除菌効果を発揮します。
⑥水槽内に投入するだけの簡単な取扱です。
更に、
①バイオフィルムの発生を抑制するので、配管洗浄の回数を軽減できます。
②熱交換器内のスライムが除去されるので熱交換率が向上し、省エネ対策になります。
③レジオネラ属菌の完全除菌が出来ます。

 

※温浴施設の大きさや施設により、レジオネラ除菌マンの使用方法や数量が異なりますので、ご相談ください。

 

 

IMG_0444.jpg IMG_0432.jpg P1040540.jpg

 


Q&A

Q:レジオネラ属菌の浴槽水の水質基準はありますか?

A:

水質基準は「管理要領」で定められており、レジオネラ属菌は検出されないこととされています。

Q:浴槽水の水質検査の回数はいくつですか?

A:

浴槽水の換水状況で異なりますが、連日使用している浴槽水の場合は、1年に2回以上と規定されており、検査報告書は3年以上保管しなければなりません。

Q:浴槽水の消毒方法に規定はありますか?

A:

オゾン、紫外線などがありますが塩素系薬剤が主流です。塩素系薬剤を使用した場合の浴槽中の遊離残留塩素濃度は0.2~0.4mg/Lを保ち、その測定結果は検査日から3年間の保管が義務付けられています。

Q:循環式浴槽の維持管理の方法はどのようなものですか?

A:

濾過器は1週間に1回以上の逆洗浄を行うこと。循環配管は、過酸化水素水や高濃度の塩素系薬剤で消毒することが必要です。

Q:温浴施設以外の設備ではレジオネラ属菌の対策はどのようにするのですか?

A:

冷却塔や水景設備も同じように、塩素系での消毒と洗浄が必要です。

Q:循環配管の清掃はどのように行うのですか?

A:

高圧洗浄やケミカル洗浄がありますが、ケミカル洗浄が消毒と洗浄が同時に行えるので、主流になっています。清掃の頻度は、1年に1回以上をお勧め致します。



ジェットの特徴・お客様のためにできる事


お問い合わせ・お見積もりはこちら