ピット槽 | 水漏れ、詰まり、害虫駆除などの訪問修理 | 株式会社ジェット[JET]
tel
hamburger
jet_tel
jet_tel
jet_tel
マンションアパート
ピット槽

ピット槽清掃

トラブルはこんな状況ですか?

①排水ポンプの吸込みが悪く、汚水が排出できない。
②ピット槽の底場からガスが、ポコポコ発生している。
③ピット槽の壁面が、ザラザラしてきた。
④ピット槽から虫が発生している。
⑤ピット槽から悪臭がする。
⑥排水管が、よく目詰まりして流れない。
ピット槽性能に掛かる時間:ピット槽の大きさ、汚泥の堆積量によって変わります。
ピット槽清掃に掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
写真
大きな溜池に汚泥が堆積しています。
jet

放っておくとこんなことも?

①堆積した汚泥が腐敗して、ピット槽の防水膜を劣化させる。
②堆積した汚泥の腐敗により、排水ポンプが故障する。
③大量の虫と悪臭で、周辺の環境を悪くする。
④排水ポンプが故障してしまう。
⑤電気量が高くなる。
⑥排水ポンプの寿命が短くなる。
  • 写真 ピット槽の底に大量の汚泥が堆積しています。

考えられる原因と工事

年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①長年、ピット槽の清掃を行っていない。
②定期的な清掃をしていない。
③清掃を出来る業者様を知らない。

やるべき処置の概要

①ピット槽の排水を全て排出して、そこに溜まっている汚泥や土砂を清掃する。
②定期的にピット槽の清掃を行う。
③ピット槽やポンプの劣化状況を把握する為の、排水設備点検を定期的に実施する。
  • 写真

    ピット槽の水を抜き、そこ場に堆積した汚泥を吸引清掃しています。

関連商品

写真

槽内の高圧洗浄清掃車。

ピット槽壁面の汚れまで、高圧洗浄で清掃します。

写真

大型強力吸引車。

最新鋭の大型吸引車で大量の汚泥も処理します。

JETに頼むべき3つのポイント

公共工事で長年培った

信頼の技術力

最新鋭の特殊車両

自社所有で万全

産業廃棄物許可取得

専門的な安心施工

ピット槽防水

トラブルはこんな状況ですか?

①ピット槽からの漏水がある。
②外壁が腐食し、底場に土砂が堆積している。
③連通管に土砂が堆積して、流れが悪い。
掛かる時間:施工面積により施工時間や日程が変わります。お見積もりの時点でご説明いたします。
掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※下見が遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。交通費の発生を防ぎたい場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると、多少のご説明を出来ると思います。
写真
コンクリートの壁面が排水で腐食し、削れています。
jet

放っておくとこんなことも?

①コンクリート壁が腐食し、削り落ちてくる。
②コンクリート壁の厚みが薄くなり、漏水してくる。
③底面にコンクリートの土砂が堆積して、流れが悪くなる。
  • 写真 外壁が腐食して剥がれ落ち、流入管を塞いでいます。

考えられる原因と工事

年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①定期的な清掃、メンテナンスを行っていない。
②排水の水質が悪く、ピット槽の防水層が劣化している。

やるべき処置の概要

①ピット槽の底場の土砂を清掃する。
②壁面を改修して、新しい防水層を作る。
  • 写真

    劣化したピット槽が蘇りました。

関連商品

写真

土砂の吸引清掃作業

劣化したコンクリート面を洗浄して、堆積した土砂と汚れを清掃しています。

JETに頼むべき3つのポイント

廃棄物処理と防水塗装を同時

一貫施工でコスト削減

コンクリート劣化面の表面処理

超高圧水の技術

高品質な塗装防水

1級施工技士施工

給水ポンプ交換

トラブルはこんな状況ですか?

①ポンプが時々、停止する。
②ポンプから異音がする。
③能力が低下して運転時間が長くなった。
④ポンプの吸い込みが悪い。
⑤ポンプから水漏れしている。
⑥満水警報がよく鳴る。
⑦渇水警報が頻繁に鳴る。
ポンプ交換に掛かる時間:施工箇所や型式により施工時間や日程が変わります。お見積もりの時点でご説明いたします。
ポンプ交換に掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※下見が遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。交通費の発生を防ぎたい場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると、多少のご説明を出来ると思います。
写真
ポンプ本体がサビついて水漏れを起こしています。
jet

放っておくとこんなことも?

①ポンプが故障・停止して全く動かなくなる。
②突然の断水が発生する。
③貯水槽に水が送れなくなり、断水が発生する。
④一台が故障すると、もう一台に負荷が掛かり、二台とも故障してしまう。
⑤ポンプの能力が低下し、電気代か掛かるようになる。
⑥突然のトラブルが発生し、思いがけない費用が発生する。
⑦水槽から水が溢れる。
  • 写真 ポンプがサビ付き、全く動かなくなりました。

考えられる原因と工事

年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①定期的な点検を行っていない。
②設置してから10年以上が経過している。
③設備の点検をしたことがない。

やるべき処置の概要

①故障したポンプを入れ替える。
②予備のポンプを設置する。
③定期的な設備点検を実施する。
  • 写真

    外壁材のシーリング劣化

  • 写真

    シーリング補修後

  • 写真

    窓枠のシーリング劣化

  • 写真

    シーリング補修後

関連施設・車両
写真

貯水槽ドック

貯水槽清掃に合わせて設備点検を行い、突然の不具合が発生しないように事前に整備を行います。

写真

増圧ポンプ点検ドック

ポンプ点検の報告書を作成し、法的処置にも対応します。

JETに頼むべき3つのポイント

国家資格を持った社員が多数

1級管工事管理技士3名

2級管工事管理技士17名

給水装置工事主任技術者12名

ポンプを含め給水装置全般の

トータルな設備点検

設備の劣化を予測

緊急修繕から予防提案へ