tel
mail
hamburger
jet_tel
jet_mail
jet_tel
jet_mail
jet_tel
jet_mail
2021年度アーカイブ
archive
ブログ

お客様用・社員用男性女性トイレの排水管改修を含むリニューアル工事

本日で◯◯様のトイレリニューアル工事竣工し、社内検査後、無事お引き渡しとなりました。
 
およそ1ヶ月間、現場管理として入らせていただきました。どれも初めてのことばかりで戸惑いましたが、上司や◯◯様をはじめとした協力業者さんに助けていただいて、お客様に喜んでいただく事ができました。
 
特に上司の◯◯班長には現場管理を一から教えていただきました。協力業者さんやお客様との打ち合わせの仕方やポイント、養生の仕方、清掃と整理整頓の仕方、写真の撮り方など、多くの事を学ばせていただきました。
◯◯班長から学んだことを記したメモを見て、自分のものにしていきます。
 
検査終了後、担当者様から1ヶ月間の監督お疲れ様でした。本当にお世話になりました。とおっしゃっていただきました。
この言葉で、私の方が感動してしまいました。
 
お客様に感謝される仕事、感動してもらえる仕事というのは、達成感もあり、こんなに嬉しいものなんだと実感しました。
 
この工事で得た経験と学びと感動を忘れずに、これからの仕事もより一層励んで参ります。
 
良い経験をさせていただき、ありがとうございました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.19

  本社 入社歴10年 H.S.
 
平日の夜のことです。その日私は当番で、夜の7時頃にアパートの管理会社さんから「1階の天井から水漏れがひどいので、なんとか来て欲しい」という連絡をいただきました。
着いて部屋に入って驚きました。なんと脱衣所からリビングにかけての天井から滝のような水が漏れており、床一面ビチョビチョになっていました。管理会社の担当の方もズボンをまくり、裸足になって、バスタオルで水が広がらないようにと必死でした。調査を進めると、メインの大きな配管が詰まっており、3階で流した水が2階で溢れ、1階へと漏れていました。修理に取り掛かると30分ほどで詰まりは解消し、通常に流せるようになりました。管理会社さんも入居者さんも、やっとひと息つけるといった感じで玄関先に座り込んでいました。その後、何度も何度も感謝の言葉をかけられ、私がその場を離れる時までずっと続きました。
それ以来、そのアパートは毎年必ず排水管清掃を実施することとなり、担当の方とお会いすると「あの時は…」と今でも話題に上がるほど、忘れられない現場です

ブログ

お客様との感動エピソード No.18

  本社 入社歴5年 S.N.
 
台所の詰まり修理というご依頼で伺いました。
まずは高圧洗浄を行いました。原因は洗剤により油が塊を作ってパイプを詰まらせていることでした。清掃が終了すると、私はお客様にずっと安心していただけるジェットパックのプランについて話をしました。私の勉強不足のせいか、説明が足りない点もありましたが、私の武器である笑顔と元気良さでお客様に話をしました。私の気持ちが伝わり、お客様は「このプランに入ります」と言ってくださいました。そして、お客様のお言葉から「社員教育がしっかりしているね」と言われました。
こんなに褒められたことが嬉しく、私にとって自信にもなり、ここからがスタートだと身が引き締まりました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.17

  東京東営業所 入社歴5年 M.H.
 
数日前に大雪が降り、とても風が強い日でした。
先輩社員と現場で荷物を片付けているとき、向かいの歩道を歩いていたおばあさんが足を滑らせて転んでしまいました。と同時に、先輩は迷いなくおばあさんに駆け寄りました。動けなくなっているおばあさんを起こして背負い、安全なところまで行きました。近くに住んでいるというマンションまで送っている道中、おばあさんは先輩社員の背中で「重いでしょう。ごめんなさいね。」と申し訳無さそうに、小さな声でつぶやいていました。
到着すると、そこは毎年定期で排水管清掃を行っているマンションでした。管理員さんが私たちに気付いて「ジェットさん今日はどうしたの?」と声を掛けてきてくれました。事情を話していると、おばあさんは安心したのか、やっと笑顔になり「助かりました。ありがとう、ありがとう。」と何度も口にされました。
現場に戻る私たちを見えなくなるまで見送ってくださいました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.16

  横浜営業所 入社歴17年 S.W.
 
あるマンションの排水管清掃の打合せで伺った時のことでした。
そのマンションは定期的に排水管清掃を行っており、業者さんを変えるかどうかという話が出ていました。ある理事の方が、新しく当社にしてはどうかと熱心に組合員さんへ勧めてくださり、その後数回の説明の場をいただき、当社で施工することになりました。日を改めて、勧めてくださった理事の方にご挨拶に伺った際に、自分が営業で取引先を回っていたときのことを思い出し、当社のように若い社員が熱心に説明する姿を見て「居ても立ってもいられなかった、なんとか力を貸してあげたかった」と涙ながらにありがたい言葉をいただきました。「大変でもどんなに苦労をしても、失敗しても、決して諦めないで欲しい」と言葉をかけてくださるお客様に「社会は厳しいけれど、温かい」という言葉の意味を理解しました。
見ていてくださるお客様が必ずいること、お客様にも教えていただけること、感謝の気持ちでいっぱいの現場でした。

ブログ

お客様との感動エピソード No.15

  横浜営業所 入社歴10年 Y.A.
 
マンションの1室で下階の部屋に漏水が発生し、下の部屋の方がカンカンに怒ってしまった現場がありました。
水をこぼしたなどの過失ではなく、設備の老朽化が原因でしたが、そうとは知らない下の階の方が、上の階の方を怒鳴りつけて、上の階の方は訳が分からず呆然となっていました。調査を終えた私はお二人を原因となった部分にお連れし、上の階の方に悪意があったわけではなく、設備のこの部分が悪さをしたのだということ、これは下の階の方の部屋でも起こりうることをご説明しました。お二人とも理解していただきましたが、特に下の階の方は怒鳴っていた分、気まずそうにしていました。「お二人とも被害者なんですから」と私が言うと、ついに下の階の方が「言い過ぎた」と謝り、上の階の方も「ご迷惑をお掛けしました」と頭を下げ、元の近所付き合いに戻ることができました。

ブログ

お客様の声

テナント退去に伴う解体、改修現場でお願いしたい内容として、グリストラップの吸引清掃の他に排水管設置後の管内洗浄とカメラ調査をお願いしたいとのことでした。
解体時に気をつけていてもガラなどの異物が入ってしまうことがある、引き渡し後に分かると問題が大きくなるのでその前に確認と写真を残して置きたいとのご要望でした。
今回は汚水管内にボルトが入っていました。引き渡した後に不具合からこういったことが分かると非常に面倒だ、今後も別物件でも工事を行っているのでお願いしたいとのことでした。

ビルオーナーからの依頼で、テナントとしては飲食店や事務所が多いとのことでした。

ブログ

お客様との感動エピソード No.14

  本社 入社歴9年 H.O.
 
「排水が詰まったからすぐに来て欲しい」ととても焦りと不安に満ちた声色で、ラーメン屋さんの店長さんから連絡がありました。
現場に到着すると、客席より1段低くなった厨房は排水であふれかえっており、店長さんは長靴を履いて排水口に傘を突っ込んでいました。私は店の外にある排水桝で作業をし、店長さんは店内の厨房で排水が流れるかを見ていました。作業を始めて10分、20分、状況は変わりません。それでも諦めずに続けていると、大きな油の塊とともにドバァーというものすごい音がして水が流れ始めました。店長さんに伝えようと私は急いで店の入り口に向かうと、店長さんが跳びはねるようにして私の所に向かってきます。さっきまでのクタクタで意気消沈していた様子はどこかに吹っ飛び、目を輝かせて喜ぶ店長さんの姿は今でも忘れられません。「もうダメかと思った。建物を壊すしかないと思った。」と不安から解消された店長さんの喜ぶ姿に私もつられて一緒に手をとって喜びました。

ブログ

環境改善・感染症対策に【細菌・ウイルスの消毒・除菌】

発生してからでは遅い厨房内の食中毒、室内の感染症等の消毒除菌施工を、手の届かない隅々まで行います。
 

二次感染防止のため、作業員の服装は
感染症対応の防護装備を着用して施工
に入ります。

使用する薬剤は、安定化二酸化塩素です。
細菌やウイルスへの除菌効果は、
試験済みです。

 

エレベーター内の除菌

施工済み箇所への表示

 

更衣室内の除菌

事務所内の除菌

 

トイレの除菌

打合せルームの除菌

 

ショッピングセンターの除菌

フィットネスクラブの除菌

 

休憩室の除菌

 
◆オフィスビルの消毒・除菌

 

 

 

 

 

 

 
 
◆工場・学校の消毒・除菌

 

 

 

 

 

 

 

 
◆ショッピングセンター・公共施設の消毒・除菌

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ

お客様との感動エピソード No.13

  広島営業所 入社歴8年 T.H.
 
年配の女性がお一人で住むご自宅にシロアリ駆除で伺いました。
当時の私は知識や技術がなく、原因がわからないまま、家の中と床下を行ったり来たり。お客様はすぐにでも対処して欲しいとおっしゃっていたのですが、私は恥を忍んで「私の力不足で原因がわかりません。後日、詳しい者と一緒にもう一度来てもいいですか」とお願いしました。「分かりました。待っていましょう。その代わりに、よく教わって仕事はあなたがやってください。私の家でよく勉強して出来るようになりなさい。」と言ってくださいました。
後日、原因も判明し作業が終了すると「あなた、この間来たときより良い顔になったね。これからも頑張りなさいね。」と、人の目を気にしてばかりいた私に、多くのことを教えてくださいました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.12

  東京東営業所 入社歴5年 M.H.
 
後輩社員2人が貯水槽清掃を実施した現場に、別件で私が1人で伺った時のことです。
マンションのオーナー様は、とても嬉しそうな笑顔で、その時の2人の様子を話してくれました。作業当日は台風が去った直後でとても蒸し暑い日でした。飲み水に関わる清掃なので、清潔なつなぎや合羽を着ての作業です。貯水槽の中の汚れが長年気になっていたと言うオーナー様は「入社数ヶ月の新人の彼が汗をかきながら一生懸命汚れと向き合って掃除をしてくれたんだ。彼はすごいよ。」と若い新入社員を褒めてくれました。一生懸命な彼の姿を見てとても嬉しかったそうです。暑いなか弱音も吐かず、最後までやり遂げ、笑顔で作業を終えた2人に感動されていました。
私は自分のことを褒められるより嬉しくて、会社に戻って報告すると、2人の照れくさそうな笑顔がとても輝いて見えました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.11

  埼玉営業所 入社歴22年 K.Y.
 
築年数がかなり経っているマンションのお客様のところに伺いました。
台所の蛇口でお湯と水が別々に出てくる昔ながらのタイプで使いにくいので、最新のものにしたいとのことでした。カタログを見ながら4人家族全員で「あれがいい、これがいい」と収集がつかないくらいの大盛り上がり。
数日後、商品が届き取り付け工事に伺うと「待ってました!」と言わんばかりの歓迎ぶりで、作業中も私の一挙一動を目に焼き付けるようにしっかりご覧になっていました。少し緊張しましたが、無事に取付けが終わり、ピカピカの蛇口を使っていただくと「わーーー使いやすい!シャワータイプにして良かった!高さもばっちり!」と大喜びです。
私まで一緒に嬉しくなって、この仕事をしていて本当に良かったと思う瞬間でした。

ブログ

お客様との感動エピソード No.10

  中野営業所 入社歴11年 M.Y.
 
床下の消毒清掃を行ったお客様からある日お手紙が届きました。
数週間前に依頼を頂いたそのお客様のお宅は、虫がやけに多く、ふと床下を覗いてみたら虫がたくさん。その時は震えが止まらなかったそうです。作業中は飲み物を差し入れてくださったり、片付けを手伝ってくださったり、私はお客様と一緒になって作業をしました。
清掃後のきれいな床下を見て、お客様はあふれんばかりの笑顔でした。いただいたお手紙には「見違えるほどきれいになって、不安が安心に変わりました。本当に頼んで良かったです。」と書かれていました。
お客様のあの笑顔とお手紙は決して忘れることはありません。

ブログ

お客様との感動エピソード No.9

  福島営業所 入社歴16年 D.K.
 
屋根裏にスズメバチが出入りしている、というコールで先輩社員と現場に向かいました。
到着すると、葬儀の準備が行われて慌しい様子でした。前日におじいちゃんが亡くなられ、その準備の最中にスズメバチを見つけたそうです。
無事に巣を撤去し終わると、部屋の中に案内されお茶をいただきました。線香をあげさせていただくと、娘さんが「これでやっと安心しておじいちゃんを見送れます。もしかしたら、おじいちゃんが最後に私たちを守ってくれたのかな。」と涙ながらに手を合わせていらっしゃいました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.8

  横浜営業所 入社歴10年 Y.A.
 
「遊びに来る孫たちの健康に、少しでも影響があるといけないから。」それが、大きな一軒家に一人で住んでいる年配の女性が、コウモリ駆除を依頼する理由でした。
お盆休みに娘さんがお孫さんを連れて遊びに来るそうです。さっそく作業の手順や金額を伝えると、なにか躊躇している様子のお客様。「なにか不安なことが、ございますか?」と聴くと「娘に相談しないと決められない」とのこと。聞けば、何かと娘さんが干渉してくるので、勝手にやって怒られるのが怖いそうです。私が「それだけお母さんのことを心配してくれているんですよ」と言った瞬間、お客様はハッとして涙を流し、「そうね。ありがとう」と嬉しそうに言っていました。
その後、娘さんにも相談し、一緒になって作業を見守ってくださり、お二人の関係も少し改善されたそうです。

ブログ

お客様との感動エピソード No.7

  横浜営業所 入社歴18年 S.W.
 
定期的にメンテナンスを行っているお客様のところに伺いました。
最初に出会うきっかけとなったのは、台所の排水管詰まりでした。当時その詰まりを一生懸命に直してくれた社員が神様のように見えたそうです。初めて会った他人の家のことなのに、まるで自分の家のように気遣ってくれたことがとても嬉しかったそうです。それ以来、毎年メンテナンスで伺う社員の名刺やパンフレットを丁寧にファイリングしており、まるでアイドルグループのファンのようです。
毎年伺うのが楽しみなお客様の一人です。

ブログ

お客様との感動エピソード No.6

  本社 入社歴12年 M.K.
 
午後3時前、残りの作業もあと少しと終わりが見えた頃、今まで経験したことのない大きな地震が起こりました。
作業を中断し部屋の中を見渡すと、今にも倒れそうな背の高い食器棚のその向こうに、怖くて動けなくなったおばあちゃんとお孫さんがいました。後輩と散乱した荷物をかき分け、おばあちゃんとお孫さんをやっと玄関まで連れてきましたが、そこはマンションの6階。後輩がおばあちゃんの手を取り、私がお孫さんをおぶって地上まで降りました。
何度も何度も声を震わせながら「ありがとう、ありがとう」とおばあちゃんは私たちの手を握りしめました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.5

  仙台営業所 入社歴13年 M.K.
 
その日は午前と午後に予定が入っていました。
午前の現場はオフィスビル。作業の途中で車に工具を取りに行ったとき、道端で自転車の隣にしゃがんで困った顔でペダルをくるくる回している男性がいました。自転車が壊れてしまったようで手は真っ黒になり、半ばあきらめている様子でした。
私はその男性を放っておけず、一緒に自転車を直しました。自転車はすぐに直り、男性は満面の笑みで「ありがとう」と、作業に戻る私を見送ってくれました。
午後の現場に到着し、インターホンを鳴らすと、出てきた方を見てびっくり。「あっ!さっきの兄ちゃんでねーかい!さっきはありがとさんね!」こんな偶然があるのかと本当に驚きました。
台所の詰まりも無事に直り、その男性のお客様はとても喜んで「あなたなら任せられるから、これからもよろしく頼むよ!」と私の肩をぽんと叩いてくれました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.4

  本社 入社歴14年 Y.A.
 
2011年、あの日、東日本大震災が起き、あちこちで水漏れや水道管の破損などの依頼が殺到しました。
地震直後は食べるものも十分に確保できない中での作業でした。そんな中であるお客様の所に伺った際、カップラーメンをごちそうになりました。普段であれば何気なく食べているものですが、あの極限状態の中で人の優しさに触れたという事実が、ただのカップラーメンをこの世で一番美味しいものへと変えてくれました。
物の価値とは値段ではなく、人の心や魂が吹き込まれることで無限に高まっていくものだとわかりました。大変なときに助け合い、その中でたしかな絆が生まれていく、これは物やお金に代えられない価値であると思いました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.3

  仙台営業所 入社歴14年 M.S.
 
オープン前のその飲食店には店長、店員さんが数名おり慌しい様子でした。
男子トイレも女子トイレもすべて使えない状況で、「もうすぐオープンの時間だからなんとかして欲しい」と店長さんは私に言いました。
私はすぐに作業にとりかかりましたが、なかなか解消されず、とうとうオープンの時間になってしまいました。
それからも刻々と時が過ぎ、お店は満席状態に。店長さんも店員さんも目が回るような忙しさで接客していました。
トイレが使えず、私が作業している様子を見たお客さんが「ジェットさん頑張って、手伝うことはあるかい?」と声をかけてくださいます。
店長さんも他のお客さんも「ジェットさん頑張れ」と声援を送ってくださいました。それが力になったのか、ついにトイレが使えるようになりました。
店長さんが店中に聞こえる大きな声で「トイレが直りました!」と伝えると、満席のお客さんが立ち上がって大きな拍手で「ジェットさんありがとう」とスタンディングオベーションしてくださいました。
私はヒーローになったような気分でした。

ブログ

お客様との感動エピソード No.2

  東京東営業所 入社歴15年 T.K.
 
工事作業中、地下に埋まっている給水管にショベルカーの歯先をひっかけ、水漏れしている現場に先輩と向かいました。
到着すると高さ4mほどの大きな水柱ができており、その周りは直径20mの池のようになっていました。工事関係者20名ほどが取り囲んでおり、その中心へ先輩は入っていきました。泥水の中へ肩まで水に浸かり、水圧と格闘すること30分。水柱は3m、2m、1m…徐々に低くなり、とうとう水が止まり、自然と拍手が巻き起こりました。
先輩はびしょびしょで水から上がってきましたが、その顔は達成感と少し照れくさそうな表情で、私にはまるで世界を救ったヒーローのようにかっこ良く見えました。

ブログ

お客様との感動エピソード No.1

  仙台営業所 入社歴12年 T.O.
 
台所が全く流れなくてお客様は大変お困りでした。
先輩社員と無事に詰まりを解消し作業は終了。帰ろうとしたとき、「一生懸命直してくれたから、これで何か飲んで」とチップをいただきました。
先輩は丁寧に断りましたが、どうしてもとお客様が渡そうとします。すると、先輩は「それではこのお金は自由に使ってよろしいですか」と確認し、作業をそばでずっと見ていた小学生の息子さんの手を取りました。
「毎日暑いから外で遊んだ時はちゃんと水分を取るんだよ」と言って、頂いたチップを息子さんの小さな手に渡しました。
お客様も「こんな優しい方に会えて本当によかった」と喜んでいらっしゃいました。

ブログ

社員日誌 2021年7月26日

入社6年目社員
 
工場様で6基の貯水槽清掃を行いました。
 
気温が暑い中でもお客様はずっと立ち会って下さいました。
どうやって清掃するのか、設備の劣化具合はどうなのか、と質問も多くいただきました。
 
清掃後には貯水槽にステッカーを貼らせていただき、『これならジェットさんが清掃したことがはっきりわかっていいですね。』とお言葉をいただきました。
 

 

ブログ

社員日誌 2021年7月19日

入社3年目社員
 
賃貸アパートの宅内及び外部排水管清掃を行いました。
 
熱心な大家さんで、全世帯施工できるように声掛けをして下さるとともに、どうしても都合のつかない入居者様に関しては、許可を取り鍵を開け立ち会っていただきました。
 
大家様のためにも、良い仕事をしていきます。

ブログ

社員日誌 2021年7月17日

入社17年目社員
 
害虫駆除の問合せが増えてきました。
 
白アリ、黒アリ、ヤスデ、アメシロ、カメムシ、クモなど、建物・お客様によってお困りごとは様々です。害虫は、どれもメンテナンスで継続的な駆除が必要です。
 
適した薬剤・適した施工方法で、最善のご提案を差し上げます。

ブログ

社員日誌 2021年7月16日

入社6年目社員
 
自主管理のアパート様で貯水槽清掃を実施しました。
 
会長さんは最初から最後まで立ち会って下さり、設備のこと・メンテナンスから始まり、私生活や昔のことまでお話を聞かせていただきました。
 
お客様と業者という関係でなく、人と人との繋がりを感じることができることは非常に嬉しく思います。

ブログ

社員日誌 2021年7月15日

入社11年目社員
 
マンションにお住まいのN様宅、配管の改修工事が完了しました。
 
N様は浴槽から下の階へ漏水していたため、浴槽にお湯を溜められず、しばらくシャワーのみの生活を送っていらっしゃいましたが、本日夜からまた浴槽に浸かれることを非常に楽しみにしておられました。

ブログ

社員日誌 2021年7月1日

入社16年目  横浜営業所  S・W
 
分譲マンションを管理している管理会社様から汚水管の漏水調査の依頼があり、管理会社様立ち会いで現場にお伺いしました。
 
建物は築48年52世帯の分譲マンションで排水管は4年前にライニング更生工事を行っていましたが、現在は汚水管からの漏水が多発していて、保険会社様からは、老朽化している汚水管の改修工事を行わなければ、保険加入はできないと言われている状況でした。
 
排水管のライニング更生工事を行った経緯を聞くと、入居者様の在宅での工事希望があったこと、取引業者がライニング更生工事を薦めてきたことから理事会でライニング更生工事を選択しました。
 
今回の漏水事故で、我社からの提案とし配管更新工事でも在宅での施工が可能なこと、配管材料は耐久性が向上していることを説明すると、
「在宅でも排水管や汚水管の更新工事ができることをもっと早く知っていれば、ライニング更生工事をせずに排水管の更新工事を行っていた。無駄な費用をかけてしまった。」
との言葉を聞きました。
 
管理会社様が管理している建物は、築30年以上経過している建物がほとんどなので、今後は我社に色々と相談させてほしいとありました。

ブログ

社員日誌 2021年6月28日

入社16年目 横浜営業所 S・W
 
マンション管理組合様の理事会に出席したときの話です。
 
このマンションの排水管高圧洗浄は、今年から我社に切り替わり、先週末に清掃を実施しています。
理事の方から、
『洗濯機の排水口が洗濯機下に隠れてしまい施工できない世帯が数件あった事、事前に洗濯機周辺や洗面台、キッチンの収納庫を事前に片付けておくなどの話は、以前の業者さんからは話を聞いたことがなかった。本当に排水管の清掃をしていたのだろうか。』
 
他の理事の方からは、
『立ち会い施工をした結果、排水桝の破損も見つかり、詳しい報告書もいただけることで、これから何に積立金を活用するか方向がみえて来ました。』
などのお話を頂きました。
 
施工品質は勿論のこと、報告書はありのままを正確に伝えることが、お客様の財産を守ることになると実感しました。

ブログ

社員日誌 2021年6月4日

入社11年目 本社特殊機工部 T.K
 
工場様の循環配管薬品洗浄を行いました。
 
担当のT様は洗浄の効果を大変気にされておりましたが、実際に洗浄の様子を見ていただくと、上司に良い報告ができると喜んでいらっしゃいました。
また、元請担当のA様は、4~5か所の現場を1人で管理しており、特に悩ましいことは想定外の修繕だと話されていました。
 
トラブルが起きる前のメンテナンスの重要性を、お客様とも元請様とも共有できた現場となりました。
 

 

薬品循環洗浄状況

薬品循環内の除去物

ブログ

社員日誌 2021年6月3日

入社11年目 福島営業所 E.K
 
スーパー様の排水管洗浄を行いました。
 
終始担当のA様に立ち会っていただき、汚れ具合を見ていただきました。
全ての作業終了後、「毎年のメンテナンスで安心だね。」と担当A様は安堵の表情でした。
 
スーパー様などのお客様は、突発のトラブル対応に悩まされています。メンテナンスで広く多くのお客様に安心していただきます。

ブログ

社員日誌 2021年6月2日

入社6年目 本社営業部 N.S
 
本日は、飲食店ドック初回施工を行いました。
 
店長さんは、普段から仕込みが忙しくて、建物や設備の事は何も分かっていないとのことでした。
排水管の清掃と設備点検を実際に見ていただき、排水管がこんなにも汚れていること、設備の劣化状況や使い方などが初めて分かったと、大変満足していただきました。

ブログ

社員日誌 2021年6月1日

入社9年目 東京中野営業所 T.A
 
本日、管理会社T様でお世話になった方から、「6月から部署が変わったのでぜひ営業に来てほしい」とご連絡いただきました。その場限りの関係でなく、繋がりが持てたことが嬉しかったです。
 
これからも人と人との縁を大切に、信頼され喜んでいただける仕事をしていきます。