空調 | 水漏れ、詰まり、害虫駆除などの訪問修理 | 株式会社ジェット[JET]
tel
hamburger
jet_tel
jet_tel
jet_tel
jet_tel
jet_tel
飲食店
空調

空調機清掃

トラブルはこんな状況ですか?
①冷房が効かなく部屋が暑い。
②暖房が効かなく部屋が寒い。
③空調機を運転すると、ガタガタと音がする。
④空調機の運転中でも風量が少ない。
⑤電気代が掛かり過ぎている。
⑥冷房・暖房が効くのに時間が掛かる。
⑦タバコ臭やカビの臭いが酷い。
空調機清掃に掛かる時間:天カセ空調機1台当たりおおよそ3時間前後の作業になります。
空調機清掃に掛かる費用:お客様のご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※下見が遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。交通費の発生を防ぎたい場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると、多少のご説明を出来ると思います。
写真
空調機カバーの吹き出し口が汚れています
jet
放っておくとこんなことも?
①突然に空調機が止まってしまう。
②空調機の回転部分が摩耗して、部品交換になる。
③空調機のコンプレッサーに負荷がかかりすぎて故障する。
④ドレンパンに埃が堆積して、ドレン管を閉塞させて漏水事故を起こす。
⑤ドレンパンにノロが堆積してノロウイルス菌やカビ菌が繁殖し、喘息やアレルギー症を引き起こす。
⑥空調機全体の入替え工事になる。
⑦冷暖房の効きが悪くなり、電気料金が高くなる。
  • 写真 空調機の内部が埃で汚れています
  • 写真 空調機フィルターが埃で詰まっています。
  • 写真 熱交換器が埃とヤニで目詰まりしています
考えられる原因と工事
年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①空調機の分解清掃を一度も施工したことがない。
②空調機のフィルターをこまめに清掃していない。
③空調機を設置してから、一度も点検、清掃をしていない。
④年式の古い空調機を使用している。

やるべき処置の概要

①空調機を分解して、ファンやカバー、ドレンパン、熱交換器を洗浄清掃する。
②空調機の除菌・消臭を行う。
③空調機のフィルターを週1回程度の清掃をする。
④空調機は年に2回の点検清掃を行う。
⑤電気消費の少ない空調機に入れ替える。
⑥除菌消臭を行い、カビの発生を防止する。
⑦空調機清掃と同時に、ドレン管の高圧洗浄を行う。
  • 写真

    空調機の分解清掃中です

JETに頼むべき3つのポイント
高い技術力を持つ、洗浄のプロが施工します。
管工事の資格者が施工します。

施工資格者16名

豊富な経験とノウハウを持っています。

空調機の洗浄実績は、
10,000台以上。

空調ドレン管洗浄

トラブルはこんな状況ですか?
①空調機に水滴が付いていて、落ちてくる。
②冷房運転中に、空調機から水が漏れて落ちてくる。
③空調機を運転すると、タバコ臭やカビの臭いがする。
④空調機が止まってしまう。
ドレン管洗浄に掛かる時間:高圧洗浄で2時間の作業になります。
ドレン管洗浄に掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※下見が遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。交通費の発生を防ぎたい場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると、多少のご説明を出来ると思います。
写真
天井の空調機から大量の水が落ちてきました
jet
放っておくとこんなことも?
①空調機ドレン管が完全に詰り、大量の水が落ちてきて、部屋中が水浸しになり、営業ができなくなる。
②空調機にレジオネラ菌や感染症菌、カビ菌が繁殖して、室内での感染症や喘息、アレルギー症を引き起こす。
③空調機ドレン管が完全に閉塞して、ドレン管の改修工事になる。
  • 写真 天井内でのドレン管の高圧洗浄作業です。
考えられる原因と工事
年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①空調機の分解清掃を、一度も行ったことがない。
②空調機のフィルターを清掃していない。
③空調機を設置して5年以上経過している。
④ドレン管やドレンパンの清掃を、一度もしたことがない。
⑤空調機の台数が多く、配管距離が長くなり勾配が取れなく、詰まりやすくなっている。

ドレン管は、空調機の熱交換器で凝集された空気中の水分を、ドレンパンに集めて屋外へ排出する配管です。 空気中には、目に見えない埃や油、煙が漂っていてそれらも水と一緒に流されます。 多くの水量がないので、空調機の運転を止めると、埃や油粒だけが配管内に取り残され、 空気中のバクテリヤの影響で、ゼラチン状として蓄積して配管内を閉塞させ、ドレン水を溢れさせてしまいます。
  • 写真

    ドレン管を洗浄した排水は、ゼラチン状の塊でドロドロでした。

やるべき処置の概要

①空調機のフィルターを毎週清掃する。
②天井内にある空調機ドレンパン、ドレン管を、高圧水で洗浄清掃する。
③ドレン管は天井内に配管されているため鉄管製が多いので、高圧洗浄を行う。
  • 写真

    天井裏のドレン管を高圧水で洗浄清掃中です。

JETに頼むべき3つのポイント
洗浄のプロが施工します。

空調機の洗浄実績は、
10,000台以上

管工事の資格者が施工します。

施工資格者16名

空調機のトラブルに対応出来る
技術者が施工するで安心です。

冷温水管洗浄

トラブルはこんな状況ですか?
①循環水がサビで汚れている。
②機械の冷却効率が悪い。
③チラー(冷却水循環装置)が頻繁に運転している。
④熱交換器にサビが詰まる。
⑤クーリングタワーからレジオネラ菌が出た。
⑥空調機の熱効率が悪い。
冷温水管洗浄掛かる時間:配管の系統、洗浄する配管長さにより変わります。
冷温水管洗浄掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※下見が遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。交通費の発生を防ぎたい場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると、多少のご説明を出来ると思います。
写真
循環水がサビで汚れています。
jet
放っておくとこんなことも?
①空調機が頻繁に運転し、電気代が高くなる。
②熱交換器にサビが詰まり、運転が停止する。
③チラー(冷却水循環装置)の熱交パイプにサビが詰まり、オーバーヒートする。
④レジオネラ症に感染する。
⑤循環水タンクがサビで汚れる。
  • 写真 循環配管内の汚れが出てきました。
考えられる原因と工事
年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①循環水を定期的に交換していない。
②配管内のサビや汚れを清掃していない。
③循環水に付着防止薬剤を入れていない。

やるべき処置の概要

①冷温水管の薬品洗浄を行う。
②定期的に循環水を交換する。
③冷温水に付着防止剤を投入する。
④定期的な冷温水管の洗浄清掃を行う。
  • 写真

    洗浄薬品を投入して、配管内のサビ、汚れを取り除きます。

関連商品
写真

レジオネラ除菌マン タブレット

除菌マンタブレットを投入するだけで、循環水のレジオネラ菌の除菌、循環配管内のバイオフィルムを除去します。

JETに頼むべき3つのポイント
配管の修繕から配管の洗浄まで

一貫したメンテナンス

洗浄から水質検査まで

適切なメンテナンス提案

あらゆる冷温水管に対応

完璧な洗浄清掃

空調ダクト清掃

トラブルはこんな状況ですか?
ダクト清掃に掛かる時間:600mm角のダクト30mで1日ほどの作業になります。
ダクト清掃に掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※下見が遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。交通費の発生を防ぎたい場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると、多少のご説明を出来ると思います。
写真
排気ダクトの中は、ほこりと粉塵でいっぱいです。
jet
放っておくとこんなことも?
①給排気の能力が低下して工場内の環境が悪化する。
②給排気効率が低下するので、ファンに負荷が掛かり故障する。
③ファンが能力以上に動くので電気代が高くなる。
④ファンに付着したほこりで動きが異常になり、故障する。
⑤ダクト内のほこりに、ダニや害虫が発生する。
考えられる原因と工事
年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①ダクト清掃を一度もおこなっていない。
②大型ダクトを清掃できる業者様を知らない。
③予算が取れず放置していた。
  • 写真

    屋上の排気口からも汚れをはがし取ります。

やるべき処置の概要

①吸気口からダクト内への清掃をおこなう。
②排気口からダクト内、排気ファンを清掃する。
  • 写真

    天井の排気口から汚れを剥がし、吸引清掃をします。

関連商品
写真

大型空調ダクト清掃集塵機(ビート工法)

大口径のダクトに強力集塵機を接続し、粉塵やほこりを吸引清掃します。

写真

風量測定機

清掃の前後に給排気風量を測定し、風量値を記録します。

詳細情報

概要

「ダクト清掃」とは、ダクト内を清掃する作業のことです。ダクト清掃することにより、換気に関する様々なトラブルを改善することが可能です。「ダクト」とは、台所や浴室・トイレの換気扇から外部の排気口までの煙突部分の事をさします。

ダクトの清掃をする際、ダクト内に設置されている防火ダンパーや逆風防止弁が閉じていたり、ダクトそのものが換気扇からはずれていたりすることが原因で、気付かない所で「ほとんど換気ができていなかった」という事例がよく発生しています。ダクト清掃することにより、見えない部分のトラブルの早期発見につながります。

また、機器には個体ごとに寿命があります(7~15年)。定期的なプロによるダクト清掃を行なうことにより、ダクト・フード・換気扇機器の能力を最大限に引き出し、電気代の削減、機器の寿命を延ばすことが可能になります。専門のサービスマンがダクト内部・フード・換気扇を清掃することにより、短時間で清掃するだけでなく、点検も同時に行ない、ダクトに破損は無いか、フード・換気扇は正しく機能しているのか一つ一つチェックし、改善すべき項目を提案致します。

サービスマンは建物設備のプロフェッショナルです。設備(エアコンや水廻り)に日頃抱いている疑問や不安、お気軽にご相談いただけます。

ダクト清掃は、汚れの種類と清掃方法により、換気ダクト(大口径・小口径)と厨房油ダクトの2つに分けられます。

換気ダクト

換気扇を長期使用することにより、ダクト内が汚れ、排水口付近のすす汚れ、悪臭の発生など様々なトラブルの原因となります。また、ダクト内部に堆積したチリやホコリは、内部の熱や湿気でカビやダニを繁殖させてしまいます。これがダクトと室内を循環する空気により広まるのです。ほかにも、ダクト汚染によるデメリットは、

① 空気汚染・悪臭による健康被害
② 製品などへの混入によるOAや精密機器の故障、生産工場における不良品発生の原因
③ エネルギー消費と機械の消耗
④ ダクト火災の原因(可燃性のホコリへの引火のおそれ)があります

ダクトビート工法とは?

ジェットでは、工場などの大口径換気ダクトは、ダクトビート工法を採用しています。

ダクトビート工法とは、低コストで確実にチリやホコリを回収する方法です。ガソリン・エンジンに使用される気化器と同じ原理を用い、同様の効果(エンジンに吸入する空気の流れを、気化器の内径を絞り込むことで流速が急激に増加し、吸引気化する効果)をもたらします。空調ダクト清掃では、堆積したチリやホコリを確実に取り除くことが重要です。そのためダクト内部のチリやホコリを壁面から剥離させ、確実に回収できるダクトビート工法が最適なのです。
ダクトビート工法

ダクトビート工法
(工場等ダクト清掃機)

工場内ダクト清掃中①

工場内ダクト清掃中①

工場内ダクト清掃中②

工場内ダクト清掃中②


ダストストリーム工法とは?

ジェットでは、マンションや戸建ての小口径換気ダクトは、ダクトストリーム工法を採用しています。

ダクトストリーム工法とは、室内から室外に向かって、ダクト内のチリやホコリを回収する方法です。室外の換気口に専用の集塵機の吸い込み口をセットし、室内部からダクト内に専用のブラシを入れ、ダクト内部のチリやホコリをダクト内面から剥離させ、確実に回収できる工法がダクトストリーム工法なのです。

外壁に垂れた汚れやすす、浴室やトイレ側からの結露によるサビだれなどは、美観を壊すだけでなく衛生上もよくありません。「換気」はお部屋の汚れやカビを抑えるだけでなく、健康管理に大変重要なポイントの一つです。「換気扇を回していれば換気はOK」なんて思ってはいけません。換気ダクトをしっかり手入れしてこそ、本当の換気ができるのです。また、一括清掃することにより、建物全体としての美観・安全を保つ事ができます。
ダクトビート工法

ダクトビート工法
(マンション等ダクト清掃機)

排気ダクト

排気ダクト
(清掃前)

排気ダクト

排気ダクト
(清掃後)

マンション排気ダクト

マンション排気ダクト
(清掃中)

換気扇取付部

換気扇取付部
(清掃前)

換気扇取付部

換気扇取付部
(清掃後)


厨房油ダクト

飲食店などの厨房に必ずある重要な設備が、油ダクトです。ダクトは排気が常に流れているので汚れがたまりやすい設備であることは知られているのですが、厨房のダクトにはさらに汚れがたまりやすく、その汚れがお店そのもののご商売にとって致命的な事態を引き起こすことがあります。厨房で揚げ物などの調理をしていると、ダクト内にその油汚れが蓄積します。この汚れはミストと呼ばれ、ススやホコリなどを付着させてどんどん大きくなります。こうしてできた汚れのかたまりは発火性が高く、ひとたび引火してしまうと一気に燃え広がり、大火災に発展する危険があります。このような原因で発生する火災はダクト火災と呼ばれ、近年増加の一途をたどっています。ダクト内をきれいにしてさえいれば防げる火災であることを考えると、定期的なダクト清掃は防火対策でもあるのです。
厨房にあるダクトの汚れは、火災の危険だけでなく衛生上の大きな問題があります。ご存知のようにダクト内は人の手が届かないことから害虫やネズミなどが発生しやすく、そこに油汚れという餌を与えることは、ダクト内で害虫やネズミを飼っているようなものです。これは大変不衛生で、お客様が出入りする飲食店をこのような状態に放置していると、食中毒のリスクが飛躍的に高くなります。これまでダクト清掃をおろそかにしていた飲食店が食中毒を起こしていないのは、たまたまなのです。食中毒防止はもちろん、ダクト清掃によって店内の衛生状態を良好に保つことはお客様に対する最大のサービスです。厨房ダクト内の汚れは、蓄積すると腐敗して悪臭を放ちます。長年そのお店で働いている人は毎日のことなので、この異変になかなか気づきません。しかし、初めてそのお店に訪れるお客様にとってはひどい悪臭に感じることも少なくありません。この悪臭によってお客様の足が遠のくことは、飲食店にとっては大きな脅威です。お客様が「くさい」と感じる前に、ダクト清掃をすることは、大切なリスク管理です。
ダクト内部

ダクト内部
(清掃前)

ダクト内部

ダクト内部
(清掃後)

換気扇

換気扇
(清掃中)

換気扇

換気扇
(清掃後)


コインランドリー

衣類乾燥機の排気ダクトの中は、綿ゴミやホコリでこんなに汚れています。乾燥機への負荷による故障や停止、ダクト内火災などを未然に防ぐために、排気ダクト清掃が必要です。
◆ダクトの清掃を怠ると、火災発生の原因となります。
ダクト内部


ダクト内部

ダクト内部

ダクト内部


ジェットのダクト清掃とは

はじめに、ダクト内に作業が出来るスペースを確保するため、ダクトに点検口を設置します。専用薬品や高圧洗浄、熱湯高圧洗浄など汚れや施工状況に応じた工法で、清掃しています。最後に、取り付けた点検口をふさぎ、完了です。ダクト内の油汚れは、まず、ケレンと呼ばれるヘラのような工具で、おおよその油をはがし取ります。専用薬品を用いて、残りの油を溶かし取ります。汚れが広範囲に及んでいる場合で、高圧洗浄、熱湯高圧洗浄が出来る状況であれば、高圧洗浄、熱湯高圧洗浄を使用することで、短時間で、清掃する事も可能です。

ダクトストリームの魅力

こだわりの作業

① 75mm~150mmの細い吸気ダクト内部を、隅々まで徹底的にクリーニングします。
② 小型パワフル集塵機使用のため、廊下やバルコニーにセッティングでき、狭い場所での作業も可能です。
③ 集塵機内部に特殊フィルターが設置されており、ホコリやゴミで周りを汚しません。
④ ダクト内部をクリーニングすることで、外壁に黒ずみ汚れが付着しなくなります。
⑤ クリーニング後に当社オリジナル除菌消臭剤「除菌マン」を使用し、悪臭の消臭・除菌を行います。
JETに頼むべき3つのポイント
あらゆる大型ダクトを徹底清掃

高性能集塵機装備

工場や倉庫などの昨年度施工実績4社

大型施設の実績充分

ダクトの改修から集塵・清掃まで

安心の一貫施工

エアコン・空調機入替え

トラブルはこんな状況ですか?
①耐用年数が過ぎて、冷房暖房の効きが悪くなってきた。
②頻繁に故障して修理代が大きくなっている。
③古い空調機なので電気代が大きい。
④冷媒ガスの変更で交換を考えている。
掛かる時間:空調機の能力や台数により施工時間や日程が変わります。
掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。その場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると多少の診断が出来ると思われます。
空調の外機が古くなり錆が発生してきています。
jet
放っておくとこんなことも?
①突然、故障して動かなくなる。
②電気代が大きくなる。
③冷媒ガスが変更になり修理が出来なくなる。
④消耗部品の調達が出来なくなる。
考えられる原因と工事
年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①耐用年数を過ぎた古い空調機を使用している。
②修理修理で使用してきたので消耗部品がなくなる。
③新しい冷媒ガスに変更になり、修理が出来なくなる。
④古い機種は電気代が掛かる。

やるべき処置の概要

①冷媒ガスが変更になるので、交換の時期です。
②エアコン・空調機の入替え工事をする。
  • 写真

    屋上に設置された空調機を交換しています。

関連施設・車両
写真

空調機の分解清掃

空調機を快適に使用するためには、1年に1回の分解清掃がお勧めです。

写真

空調ドレン管洗浄

天井裏からの水漏れの原因になる空調ドレン管を洗浄しています。

JETに頼むべき3つのポイント
安心・快適をお約束する長年の経験

空調機清掃と空調機管理

清掃、洗浄、ダクト清掃、設備入替迄

総合的施工と管理で安心

国家資格技術者が施工

管工事施工管理技士20名

建築物環境衛生管理技術者8名