配管劣化診断調査 | 水漏れ、詰まり、害虫駆除などの訪問修理 | 株式会社ジェット[JET]
tel
hamburger
jet_tel
jet_tel
jet_tel
jet_tel
jet_tel

配管劣化診断調査

トラブルはこんな状況ですか?
①排水管がよく詰まるようになった。
②水道から出る水の量や圧力が弱くなった。
③大規模な配管改修工事をするのに劣化状況を調べたい。
④漏水事故が多発している。
⑤築25年以上経過しているので、配管の劣化が心配になった。
⑥水道の蛇口から赤水が出る。
掛かる時間:施工内容や施工箇所により施工時間や日程が変わります。
掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。その場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると多少の診断が出来ると思われます。
写真
吸水管の中に、錆が発生し詰まっています。
jet
放っておくとこんなことも?
①排水管が錆や汚れで詰まり、全く流れなくなってしまう。
②配管が腐食して穴が空き、漏水事故を起こす。
③蛇口から水が出なくなる。
  • 写真 排水管の中に油脂汚れが溜まり、管を閉塞させています。
  • 写真 排水管の腐食が進み、配管に穴が空き漏水しています。
考えられる原因と工事
年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①築年数が25年以上経過して、配管が腐食している。
②排水管清掃をしていないので、配管内で汚れが固着してしまった。
③吸水管の内の錆が大きくなり、管を閉塞させてしまった。
  • 写真

    吸水管の中は錆で詰まっています。

やるべき処置の概要

①配管の閉塞状況をカメラで調査する。
②配管の肉厚を測定し、劣化状況を判断する。
③配管を切断して直接に劣化状況を見る。
④配管の改修工事を行う。
  • 写真

    配管を抜管して管内の状況を目視で調査します。

関連商品
写真

配管の肉厚測定

配管を切断すること無く、肉厚を測定します。

JETに頼むべき3つのポイント
配管の劣化状況を診断は

あらゆる調査機器を使用

多くの技術力とノウハウで

最適な改修工事提案

国家資格技術者が診断

1級管工事施工管理技士3名
2級管工事施工管理技士17名
給水装置工事主任技術者12名