屋根塗装 | 水漏れ、詰まり、害虫駆除などの訪問修理 | 株式会社ジェット[JET]
tel
hamburger
jet_tel
jet_tel
jet_tel
jet_tel
jet_tel

屋根塗装

トラブルはこんな状況ですか?
①トタン屋根の塗装が剥がれている。
②大雨が降ると天井から水もれが起こる。
③屋根材が錆びたり、苔が生えている。
④屋根塗装の色艶が落ちてきた。
⑤雨音が室内に響く。
⑥夏場に屋根が焼きつき室内が暑い。
⑦雨漏れしてから断熱効果がなくなった。
塗装に掛かる時間:築坪25坪の家の屋根塗装で3日の工程です。
塗装に掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
写真
トタン屋根の光沢がなく、塗膜が剥がれています。
jet
放っておくとこんなことも?
①トタン屋根が錆びて穴があき、室内に漏水する。
②劣化箇所が広がり、屋根全体の貼替え工事になってしまう。
③雨もれで木部·鉄部の錆が発生し、強度を落としてしまう。
④屋根の漏水からシロアリ被害の発生を起こす。
⑤壁内に雨水が侵入して、断熱材をだめにしてしまう。
⑥雨漏れによる断熱材の劣化で、冬寒く夏は暑い家屋になってしまいます。
  • 写真 防水塗膜が剥がれ、金属部分にサビが発生しています。
考えられる原因と工事
年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①前回安い塗料を使用してしまった。
②屋根塗装膜の紫外線による劣化。
③建ててから一度も屋根補修を行っていない。
④屋根の塗装をしてから10年以上がすぎている。

※アクリル塗装などの安い塗料の場合は、1年ほどで光沢がなくなり劣化が始まります。

やるべき処置の概要

①屋根の防サビ塗装を行う。
②屋根の防水塗装を行う。
③屋根に遮熱塗装を行う。
④トタン屋根の貼替えを行う。
  • 写真

    トタン屋根に光沢が戻り、綺麗に仕上がっています。

関連商品
写真
写真

ウレタン防水塗装で、屋根の光沢が戻りました。

写真
写真

遮熱防水塗装『サーマルード』が高品質の防水を可能にしました。

詳細情報
① 建築工事の中でも防水工事は重要です。日本の家は水に弱いからです。防水は化学塗料を使いますが、その塗料のほとんどは紫外線に弱いことが欠点です。日本の気候に合わせ、寒い冬に耐えるようにする、雨、風、太陽光による紫外線、温度差による劣化等に耐えなければなりません。
② 防水と一口に言ってもそれぞれに見合った工法があります。そのうえ、価格やスピードという競争にさらされるわけですから、業者を選ぶ判断基準も複雑になるわけです。良いものをお客様に提供すべきところ、お客様に知識がないばかりに無頓着になりがちです。
③ そこで、材料を選ぶのには何年保証を付けるかということがありますが、メーカーは材料に対しては保証しますが、施工については保証しておりません。施工については業者が保証することになります。
④ ところが建築業界は浮き沈みが激しく、業者の倒産は少なくないのです。そこで、倒産のない業者を選ばなくてはなりません。大手に頼めば、安心ですが、高価格になってしまいます。それは、当然のことです。
⑤ 金額で材料を選ぶのではなく、その建物と環境に合った材料を選ばなくてはならないのです。それは、経験のある業者に見てもらうのが良いでしょう。あるいは信用のおける人か、信用のおける業者を紹介してもらうことです。
⑥ あまり金額を下げると、2pry→1pry、3pry→2pryと塗布する塗料の厚みの仕様を下げたり、品質を下げたり、コストを削減したり、または役物と言って施工しにくい場所をいい加減にしてしまったりと安い理由はそこにあります。塗布したばかりは良く見えても1年、2年経つともう劣化が進んでいるのが一目でわかります。
⑦ 材料の選定、施工業者の選定、技術力の選定、資格者の選定などなど十分に吟味する必要があります。すべてを兼ね備えてお待ちしております。
写真
戸建住宅足場設置状況
JETに頼むべき3つのポイント

潮風仕様や寒冷地仕様、トタン屋根仕様やコロニアル仕様など、土地柄に合ったあらゆる屋根に対応できる

手抜きは一切なし

細部まで完璧施工

防水·塗装のベテランが施工

一級防水施工技能士4名

一級塗装技能士1名