給水・給湯管改修 | 水漏れ、詰まり、害虫駆除などの訪問修理 | 株式会社ジェット[JET]
tel
hamburger
jet_tel
jet_tel
jet_tel
jet_tel
jet_tel

給水・給湯管改修

トラブルはこんな状況ですか?
①天井から水が漏れてくる。
②壁や床下から「シュー」という音が聞こえる。
③蛇口·水道からサビ水が出てくる。
④流し台や洗面台の床面から水が漏れてくる。
⑤水道料金が上がっているような気がする。
⑥トイレの便器から水がいつも流れている。
⑦築年当時から配管の改修工事をしていない。
⑧以前に修繕したことはあるが、また水もれが再発した。
⑨建物の外溝·地面がいつも湿っぽい。
⑩水を使用していないのに給水メーターのパイロットマークがいつも回転している。
⑪給水給湯の水量や水圧が弱くなってきた。
掛かる時間:施工箇所により施工時間や日程が変わります。お見積もりの時点でご説明いたします。
掛かる費用:ご要望を正確にお受けするために、お客様立ち会いでの下見をお願いいたします。 その上で、現場ごとに状況を把握して最善の処置方法をお打ち合わせの上選択し、お見積もりいたします。
※下見が遠方の場合は、交通費が発生する場合がございます。交通費の発生を防ぎたい場合は、図面や写真を何枚かお送りいただけると、多少のご説明を出来ると思います。
写真
給水管が腐食して水漏れを起こしています。
画像
jet
放っておくとこんなことも?
①床板が湿気で腐ってくる。
②水道料金が上がる。
③床下で排水がもれると異臭が発生し、害虫や白アリの発生原因となる。
④埋設部で水が漏れると地面が陥没する。
⑤床下の大引き·下地材が腐り、床がきしんでくる。
⑥少量の漏水で済んでいたものが、大きな漏水事故になり被害が拡大する。
⑦今まで水もれをしたことがなくても、築年数や使用している配管材料によって水もれが発生する。
⑧マンションの場合、階下に漏水して大きな被害をもたらす。
  • 写真 階下の天井から大量の水がこぼれ落ちています。
  • 写真 給湯管から水が吹出しています。
考えられる原因と工事
年間数百件に及ぶ経験上、ほとんどの原因と対応工事は下記だと思われます。

考えられる原因

①25年以上、給水給湯管を使っている。
②給水給湯管が鉄管を使用している。
③一度も給水給湯管の洗浄をしていない。
  • 写真

    給水管の中がサビで閉塞しています。

やるべき処置の概要

①給水給湯管の改修工事
②宅内給水給湯管をサビにくい樹脂製管材に改修する。
  • 写真

    古い配管を撤去して、サビない配管に改修します。

詳細情報

概要

普段使用している水道のパイプ(給水管)も排水管同様、年月が経ってくると、サビや水アカ等汚れが蓄積していきます。症状は築10年以上過ぎた建物に多く、水道から赤っぽい水が出てくる事があります。また、水道の水量が少ない、全く水が出ない事もあります。

マンション等は法律により、貯水槽の清掃が年1回以上義務付けられています。貯水槽からつながる配管も貯水槽同様に水が貯えられているため、内部は汚れているのです。

貯水槽は滞留時間も長く、消毒剤としての塩素が消費されやすいという問題もあります。

貯水槽だけでなく、管内も定期的な清掃が必要になります。
築23年のマンションの場合、給水管洗浄前と洗浄後の水道水の簡易5項目の水質検査の色度は、7.2度から1.4度まで下がりました。洗浄により、濁度、一般細菌等の値も下がることが分かっています。

当社のバブウォッシュ(給水管洗浄工法)は、長年の経験を基に当社オリジナルの機械を製作しました。
給水管・給湯管超音波洗浄システム「バブウォッシュ」は、3つの特長があります。
  1. 圧縮エアーの高速気泡でパワフル洗浄。
  2. 薬品を一切使用しないので、安全・安心。
  3. 従来の洗浄法より工期も短く、低コスト。

給水管洗浄だけでなく、ユニットバスや銭湯、温泉施設などのレジオネラ対策循環配管洗浄もお任せください。
洗浄中

洗浄中

洗面所給水管の汚れ

洗面所給水管の汚れ

浴室給湯管の汚れ

浴室給湯管の汚れ

台所給水管の汚れ

台所給水管の汚れ

洗浄中

洗浄中

浴室給湯管の汚れ

浴室給湯管の汚れ

Q&A
新しい配管材料とはどのようなものですか。
架橋ポリエチレン管または架橋ポリブデン管の樹脂製の配管材です。プラスチックで劣化がしづらく、低温や高温にも耐えられる特徴を持っています。もちろん、プラスチックなので錆びることはありません。
JETに頼むべき3つのポイント
国家資格の施工·設計·現場管理者多数

給水装置12名、2級管工事17名、1級管工事3名

漏水箇所や劣化状況を徹底調査

将来の工事やメンテナンスを考慮した配管工事

最新の技術はもちろんのこと

新しい部材·管材類を使用